@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

特別法【とくべつほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

特別法
とくべつほう
一般法に対する法学上の概念。一般に広く適用される効力をもつ一般法に対し,その効力範囲が人,場所,事項その他の関係で制限されているものをいう。ただし一般法,特別法の区別は相対的で,たとえば商法民法に対して特別法だが,手形法などに対しては一般法である。同一の事項については,特別法が一般法に優先して適用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とくべつ‐ほう〔‐ハフ〕【特別法】
特定の人・地域・事項・行為について適用される法。例えば、民事一般について規定している民法に対して、借地借家法など。⇔一般法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

特別法
とくべつほう

「一般法」に対する概念。一定の社会現象につき広く一般的に適用される法が一般法であり、このうち特定の人、場所、事項等に部分的に適用されるのが特別法である。たとえば、異なる法令間の場合では刑法は一般法であり、少年法は特別法にあたるし、同一の法令内でも、自首に関する刑法第42条(任意的減軽)は一般法であり、同法第80条(必要的減軽)は特別法である。古くから「特別法は一般法を破る」という原則が確立しており、一般法に対し特別法が優先して適用され、一般法は特別法が存在しない場合に適用されることになる。

[名和鐵郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくべつ‐ほう ‥ハフ【特別法】
〘名〙 特定の人・場所・事項などについて適用される法。たとえば、民法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法などの一般法に対して、商法・行政事件訴訟法・盗犯等の防止及処分に関する法律・少年法などをさす。原則として一般法に優先する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特別法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

特別法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation