@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

特定口座【とくていこうざ】

投資信託の用語集

特定口座

上場株式等の取引から生じた譲渡所得の年間損益を証券会社等が計算してくれるサービスを提供する口座のこと。
この特定口座には、「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2つの種類がある。「源泉徴収あり」を選択すると、販売会社が納税も代行するため源泉徴収により課税関係が終了し、確定申告が不要になる。一方、「源泉徴収なし」を選択すると投資家自身で確定申告を行う必要があるが、「年間取引報告書」には確定申告に必要な内容が記載されているので、この内容を確定申告書の所定に記載して、年間取引報告書を添付する形で申告することとなるので、簡素な申告納税が可能となる。一般口座や他の販売会社の特定口座との損益通算、譲渡損失の繰越控除の特例を受けるには、確定申告が必要となる。

出典:(社)投資信託協会

大辞林 第三版

とくていこうざ【特定口座】
投資家が上場株式等の売買のために証券会社に設ける口座。同口座を通じて行われた売買の損益計算は証券会社が行い、証券会社は投資家の確定申告に必要な書類の作成や納税を代行することができる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

特定口座
とくていこうざ
上場株式や投資信託などで資産運用している個人投資家の納税手続が簡単になる証券会社の口座。2003年(平成15)から新証券税制が導入されたのにあわせ、制度がスタートした。簡単に確定申告できるうえ、「源泉徴収あり」という形式の特定口座を選択すれば、確定申告しなくても済む利点がある。
 上場株式や投資信託を売却した時に得る利益(譲渡益)や配当・分配金に関する課税制度は、2003年に、他の所得と分離して税額を計算する「申告分離課税」に統一された。このため投資家は原則、確定申告が必要になったが、申告に不慣れなサラリーマンや主婦らに配慮して、手続が簡単な特定口座制度が導入された。
 特定口座には、確定申告をしなくてもいい「源泉徴収あり」と、確定申告しなくてはならない「源泉徴収なし」の2種類がある。「源泉徴収あり」は利益が出れば証券会社が自動的に課税分を天引きし、損失が出たら税額分を自動還付してくれるため申告がいらない。「源泉徴収なし」の場合は、証券会社が年間取引報告書を作成してくれるので、申告を簡易に済ますことができる。「源泉徴収あり」を選んでも確定申告することは可能。また、「源泉徴収あり」の特定口座で確定申告しないと、他の証券会社の特定口座と損益通算できなかったり、損失の繰り越し控除を受けられないといったデメリットがある。他方、専業主婦などが「源泉徴収なし」で確定申告すると、配偶者控除などを受けられなくなる場合がある。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特定口座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

特定口座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation