@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

特権階級【とっけんかいきゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

特権階級
とっけんかいきゅう
privileged class
ほかの諸階級,諸階層より名誉,知識,技能権力などいわゆる社会諸価値をかなり高い程度に独占している社会階級をいう。これらの社会的諸価値の独占度と固定性とが高ければ高いほど特権階級である度合いは高まる。日本の中世封建社会のように,士農工商というような身分的固定性が確立し,土地が支配者に独占されている社会では,特権階級は明白であった。近代社会ではこのような支配階級による価値独占が相対的に低下し,被支配層に対する社会的諸価値の配分がなされ,法的にはいわゆる法の前の平等の原則の確立によって特権階級を排除している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とっけん‐かいきゅう〔トクケンカイキフ〕【特権階級】
特別の権利地位を享受する階級。中世の貴族僧侶、近代の資本家など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とっけんかいきゅう【特権階級】
社会において、一般の人のもてない特別な権利をもっている人々。中世の貴族や僧侶、近代の資本家など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とっけん‐かいきゅう トクケンカイキフ【特権階級】
〘名〙 社会的に特権を有する階級。また、それに属する人。政治的ないし経済的に優越権や支配権を持っている特別な階級。
※増補改版や、此は便利だ(1922)〈下中芳岳〉四「特権階級(トクケンカイキフ) 自分の力によってではなく、制度や慣習の上から、特にある一定の権利の保障せられてある階級、華族。世襲的資産家の類」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特権階級」の用語解説はコトバンクが提供しています。

特権階級の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation