@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

特許料

産学連携キーワード辞典

特許料
「特許料」とは、特許権を維持するために、特許庁に納付する料金のことを指す。「特許料」は、設定登録を行う際に3年分の「特許料」を支払う設定納付と4年以降、特許を維持するために毎年支払う維持年金の2種類から構成される。維持年金額は4年目~6年目、7年目~9年目、10年目以降と段階的に上がっていくなど、積極的な産業利用を促す仕組みとなっている。

出典:(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とっきょりょう【特許料】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

とっきょ‐りょう トクキョレウ【特許料】
〘名〙 特許権を得た者が納める手数料。
※律令第二号‐明治三〇年(1897)一月二一日(法令全書)「第三条、第四条の特許を得たる者は特許料を納むべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特許料」の用語解説はコトバンクが提供しています。

特許料の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation