@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

犬走り【いぬばしり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

犬走り
いぬばしり
berm
建築用語。 (1) 道沿いに連続させて築いた路肩。 (2) 江戸町屋正面に設けたひさし下の空間。通行人の通り抜けができる公有地として道幅に含まれた。 (3) 建物まわりや軒下などの建ち上がり部分を保護するために石,砂利煉瓦漆喰コンクリートで敷き固めたもの。 (4) 城塀や築地塀に沿って,法面下端との間に設けた平らな部分。 (5) 連続する長い斜面を区切るために築堤状に設けられた狭い棚もしくはテラス部分。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いぬ‐ばしり【犬走り】
《犬が通れるほどの空間の意》築地(ついじ)や城の垣などと溝・堀との間に設けられた通路状の空き地。
建物の外壁面を保護するために、その周りの地盤をコンクリートや砂利で固めた所。
堤防・護岸などの斜面の下の、側溝との間の狭い平らな所。土砂の流入を防ぐ。
小走りに走ること。
「一時(ひととき)三里―日暮れまでにはもどってくる」〈浄・歌祭文

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

犬走り
建物の保護のために、建物の外周部の足元まわりを石・コンクリート・砂利などで敷き固めた部分。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いぬばしり【犬走り】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

犬走り
いぬばしり

建築用語。犬の通いうるほどの空間の意であるが、転じて、建物の周囲に数十センチメートル程度の幅で巡らす通路状の舗床のことをいう。建物の足元が泥の跳ね返りなどで汚れるのを防ぐために設けられる。建物との調和を考慮して、たたき、モルタル塗り、石敷き、れんが敷き、瓦(かわら)敷き、砂利敷きなどが選ばれる。また、堤防、護岸壁などの法尻(のりじり)(法面(のりめん)と水平面との交線)と側溝との間に挟まれた部分のことも犬走りという。降雨の際、法面(傾斜面)の土が流れ落ちて側溝に流入するのを防ぐために設けられる。

[山田幸一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬走り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

犬走りの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation