@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

犬養毅【いぬかいつよし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

犬養毅
いぬかいつよし
[生]安政2(1855).4.20. 備中庭瀬
[没]1932.5.15. 東京
政治家。 1890年の第1回衆議院議員選挙以来死にいたるまで落選することがなく,常に少数党にくみして藩閥政府に反対。大正デモクラシー運動ではその先頭に立って働いた。 1929年立憲政友会総裁,31年総理大臣となって満州事変収拾に努力したが,五・一五事件で青年将校らによって暗殺された。号は木堂。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

犬養毅
現在の岡山市生まれ。1890年、帝国議会開設に伴う第1回衆院選の岡山3区で当選以来、連続19回当選。一貫して政党政治確立と普通選挙制度の実現に尽力した。大正期の憲政擁護運動でも活躍し、尾崎行雄とともに「憲政神様」と呼ばれた。1929年、立憲政友会総裁となり、31年首相になった。
(2014-04-25 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

いぬかい‐つよし〔いぬかひ‐〕【犬養毅】
[1855~1932]政治家。岡山の生まれ。号、木堂。第一議会以後、連続17回代議士に当選。藩閥打倒を主張して立憲国民党結成憲政擁護運動の先頭に立った。昭和4年(1929)政友会総裁。昭和6年(1931)、政友会内閣の首相。昭和7年(1932)の五・一五事件軍人に射殺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

犬養毅 いぬかい-つよし
1855-1932 明治-昭和時代前期の政治家。
安政2年4月20日生まれ。明治15年立憲改進党の結成にくわわり,東京府会議員。23年衆議院議員(当選19回)。43年立憲国民党を,大正11年革新倶楽部(クラブ)をつくり,憲政擁護運動,普選運動を推進。昭和4年政友会総裁。6年首相となり,戦前最後の政党内閣を組織したが,昭和7年5月15日海軍青年将校らに暗殺された(五・一五事件)。78歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。慶応義塾中退。号は木堂。
格言など】話せばわかる(射殺される直前のことば)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いぬかいつよし【犬養毅】
1855‐1932(安政2‐昭和7)
政党政治家。備中国(岡山県)庭瀬藩の郷士の家に生まれる。通称は仙次郎,木堂と号した。1875年上京,翌年慶応義塾に入学。《郵便報知新聞》記者として西南戦争に従軍した。慶応義塾を中退し,80年朝吹英二,豊川良平とともに《東海経済新報》を発刊保護貿易論を唱え,自由貿易論の《東京経済雑誌》と対抗した。81年統計院権少書記官となったが,いわゆる明治14年の政変により,大隈重信に従って下野し,再び《郵便報知新聞》記者となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いぬかいつよし【犬養毅】
1855~1932 政治家。備中庭瀬藩郷士の子に生まれる。慶応義塾に学ぶ。号は木堂。1929年(昭和4)政友会総裁となり、31年政友会内閣を組織。五・一五事件で暗殺された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

犬養毅
いぬかいつよし
(1855―1932)
明治~昭和期の政党政治家。号は木堂(ぼくどう)。安政(あんせい)2年4月20日備中国(びっちゅうのくに)(岡山県)の大庄屋(おおじょうや)犬飼家に次男として生まれる。1868年(明治1)14歳のとき父が急死した。21歳で上京、『郵便報知新聞』に寄稿し、その原稿料で慶応義塾に学んだ。1877年西南戦争に際し報知社より特派され、従軍記者として活躍した。1880年豊川良平(とよかわりょうへい)らと東海社を設立し『東海経済新報』を創刊、主幹として編集を担当した。1881年先輩矢野文雄の勧めにより尾崎行雄(おざきゆきお)らとともに統計院に入る。このときの関係から以後30余年にわたり大隈重信(おおくましげのぶ)の陣営に属することとなった。明治十四年の政変による大隈の失脚で同院を退官、翌1882年立憲改進党の創立に参加し、東京府会議員に芝区より選出された。以後50年にわたり政党活動を続けることになった。1887年後藤象二郎(ごとうしょうじろう)の大同団結運動に参加、1890年最初の総選挙に岡山県より立候補して当選、その後17回行われた総選挙に毎回当選を果たした。政党の離合集散に伴い1895年進歩党、1898年憲政党、憲政本党、1910年(明治43)立憲国民党に所属した。1896年には松方正義(まつかたまさよし)と大隈の提携のために奔走し、松隈内閣(しょうわいないかく)を実現させ、1898年の隈板内閣(わいはんないかく)では尾崎行雄の辞任のあと文相に就任した。これらの時期を除けば、その所属する政党はつねに野党でしかも少数派であり、藩閥政府攻撃の一勢力として議会で活躍、雄弁家として知られた。1912年(大正1)第一次護憲運動では先頭にたって活動し、尾崎行雄とともに「憲政の神様」と称せられることとなった。また対中国政策にも深い関心をもち、孫文(そんぶん)の革命派の亡命を援助したり、中国人居留民子弟の教育機関大同学校(横浜)の校長にも就任した。1918年寺内正毅(てらうちまさたけ)内閣が設置した臨時外交調査会に参加、これが政権接近への一つの転機となり、1923年第二次山本権兵衛(やまもとごんべえ)内閣、1924年護憲三派内閣に逓相(ていしょう)として入閣し普通選挙法の実現に努めた。一方、1922年には立憲国民党を解党し、中野正剛(なかのせいごう)、尾崎行雄らと革新倶楽部(くらぶ)を結成した。1925年普通選挙法が実現するや革新倶楽部を立憲政友会と合同させ、自らは政界引退を決意して逓相、議員を辞任したが、再選され議席に復帰。1929年(昭和4)政友会総裁に就任し、1930年浜口雄幸(はまぐちおさち)民政党内閣のロンドン海軍軍縮条約締結に対し議会で激しい政府攻撃を展開した。1931年民政党内閣の瓦解(がかい)を受けて犬養内閣を組織した。長い政治生活の大半を反藩閥、立憲政治実現のため活動したが、晩年にあっては、むしろ親軍勢力に妥協し、軍部など非立憲的勢力の強化をもたらした。昭和7年5月15日、軍部政権樹立をねらう海軍青年将校らによって暗殺された(五・一五事件)。[芳井研一]
岡山市にある犬養毅の生家は19世紀の建築として重要文化財に指定されている。[編集部]
『伝記刊行会編『犬養木堂伝』全3巻(復刻版・1968・原書房) ▽山陽新聞社編『話せばわかる 犬養毅とその時代』上下(1982・山陽新聞社出版局) ▽時任英人著『明治期の犬養毅』(1996・芙蓉書房出版) ▽時任英人著『犬養毅――その魅力と実像』(2002・山陽新聞社) ▽御厨貴監修『歴代総理大臣伝記叢書20 犬養毅』(2006・ゆまに書房) ▽小林惟司著『犬養毅――党派に殉ぜず、国家に殉ず』(2009・ミネルヴァ書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いぬかい‐つよし【犬養毅】
政治家。号は木堂。備中(岡山県)の人。初め、新聞記者。明治二三年(一八九〇)第一回選挙から衆議院議員連続当選一七回。国民党、さらに革新倶楽部を結成。のち、政友会総裁。その間、文相、逓相を歴任。昭和六年(一九三一)首相となったが、翌年五・一五事件で暗殺された。安政二~昭和七年(一八五五‐一九三二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

犬養毅
いぬかいつよし
1855〜1932
明治〜昭和期の政党政治家
号は木堂 (ぼくどう) 。備中(岡山県)の生まれ。慶応義塾中退。新聞記者を経て,第1回衆議院議員総選挙以来17回連続代議士に当選。1882年立憲改進党結成以後,政党に関係し,立憲国民党・革新倶楽部の党首となり普選運動護憲運動に指導的役割を果たした。その間,文相・逓相などを歴任。1929年立憲政友会総裁となり,'31年組閣,満州事変の難局にあたったが翌年五・一五事件で射殺された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬養毅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

犬養毅の関連情報

関連キーワード

トルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ニコライグノーネルバルゴッチェシェッドデーデルラインバルトンピーボディヘイト

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation