@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

犯罪防止法【はんざいぼうしほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

犯罪防止法
はんざいぼうしほう
anti-crime law
1994年アメリカ上院で可決,成立した包括的な犯罪対策のための法律。 93年成立の「ブレイディ法」 (拳銃購入規制法) の内容をさらに強化するもので,全米ライフル協会などの猛反対により下院でいったん否決されるなど難航成立した。新法のおもなポイントは,(1) 特に殺傷力の強い襲撃用銃器 19種類の製造・販売を禁止する,(2) 向う6年間で総額 302億ドルを犯罪対策に支出する,(3) 向う6年間で警察官 10万人を増員する,(4) 重犯罪3回で終身刑とする「三振即アウト」制を採用する,(5) 死刑適用の範囲を拡大する,などとなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犯罪防止法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

犯罪防止法の関連情報

関連キーワード

[各個指定]芸能部門クエンティン タランティーノ平山郁夫[各個指定]工芸技術部門トム ハンクスマーティン ランドーアンネの日記英仏海峡トンネル藤本義一コス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation