@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

狂言方【きょうげんかた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

狂言方
きょうげんかた
能楽用語。狂言および間狂言を受持つ役者シテ方ワキ方囃子方に対する。シテ方を除いた3者を一括して三役という。江戸時代以前には,シテ方の特定の流儀に付属するか,大名に召しかかえられていたが,今日では,シテ方の専属ではなく,それぞれが独立している。現在は大蔵和泉の2流があり,鷺流は大正期に滅んだ。狂言師と同義にもいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狂言方
きょうげんかた
歌舞伎用語。三枚目以下の下級狂言作者。演出事務,舞台監督職掌とする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょうげん‐かた〔キヤウゲン‐〕【狂言方】
演能の際に、狂言を演じる人。本狂言間(あい)狂言三番叟(さんばそう)などをつとめる。狂言師。
歌舞伎の狂言作者のこと。江戸後期には特に四、五枚目の下級作者をいい、立作者の下でせりふの書き抜き、開閉などの仕事をした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうげんかた【狂言方】
能楽において,《翁》の三番叟(さんばそう)と風流(ふりゆう),能のアイ(間狂言),独立した劇としての狂言(間狂言と区別していうときは本狂言と称する)の演技を担当する演者のこと。シテ方,ワキ方,囃子方に対しての呼称。歴史的には,大和猿楽四座をはじめ各地の猿楽の座に所属するかたちで狂言を専門に演ずる役者ないし集団があり,室町末期に流派分化をみた。江戸期には大蔵流・鷺流・和泉流の3流が並び立ち,このうち鷺流は大正期に滅びたので,現在は大蔵・和泉の2流が活動している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

狂言方
きょうげんかた

能楽の上演において狂言(本(ほん)狂言、間(あい)狂言、三番叟(さんばそう)および風流(ふりゅう))を勤める役者。狂言師と同義に使われることもあるが、厳密には狂言を本業とする玄人(くろうと)が狂言師で、狂言方には素人(しろうと)でもなれる。江戸時代にはシテ方の流儀あるいは家に特定の狂言方が専属するのを原則としたが、現在は大蔵(おおくら)、和泉(いずみ)2流の役者が、シテ方五流(観世(かんぜ)、宝生(ほうしょう)、金春(こんぱる)、金剛(こんごう)、喜多(きた))の狂言方を勤めている。なお初期歌舞伎(かぶき)には、滑稽(こっけい)な演技を担当する者として、道化(どうけ)方と並び狂言方という役柄が存在したが、のちには歌舞伎の作者(狂言作者)のうち、下級の者を狂言方とよんだ。

[小林 責]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょうげん‐かた キャウゲン‥【狂言方】
〘名〙
① 能楽で狂言の上演を受け持っている役者のこと。狂言師。狂言。
② 江戸時代、寛文・延宝(一六六一‐八一)頃の歌舞伎で、狂言種の物真似や歌舞を演ずる役者。〔松平大和守日記‐万治三年(1660)一一月二五日〕
③ 一般に歌舞伎狂言の作者をいうが、特に江戸後期の歌舞伎における四、五枚目の下級作者をいう。この下級作者は立作者の下で正本の清書、せりふの書抜、幕の開閉等演出事務や舞台監督の仕事をする。
※滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)下「せり出しだの、翠簾(みす)の上下(あげおろし)、道具がはりだのといふ拍子木は、キッカケと申ます。〈略〉あれは狂言方の内から打ますが」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「戯作者や狂言作者(キャウゲンカタ)ならたいそうな新案(かきおろし)ができるのだぜ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狂言方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

狂言方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation