@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

狩胡簶【かりやなぐい】

精選版 日本国語大辞典

かり‐やなぐい ‥やなぐひ【狩胡簶】
〘名〙 野矢を狩箙(かりえびら)に盛って一具としたもの。召具の随身や検非違使の火長、武士などが用いる。
※新儀式(963頃)四「中少将着欠掖袍弓箭等、五位着後鞘、六位已下着褐衣狩胡籙脛巾等也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狩胡簶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

狩胡簶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation