@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

狩野典信

美術人名辞典

狩野典信
江戸中・後期画家。木挽町狩野家六代。号は白玉斎、栄川院と称する。四代栄川古信の子で、兄五代受川玄信のとなる。画法を父に学び、幕府に仕えた。徳川家治を受け、法印に叙せられる。寛政2年(1790)歿、61才。

出典:(株)思文閣

狩野典信」の用語解説はコトバンクが提供しています。

狩野典信の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation