@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

狩野永徳【かのう えいとく】

美術人名辞典

狩野永徳
室町後期・安土桃山時代画家狩野宗家五世。山城国生。名は初め州信、のち重信、通称源四郎古永徳と呼ばれる。父松栄に画法を受け、祖父元信の筆意を会得する。織田信長御用絵師となるが、晩年豊臣秀吉に仕えた。天正18年(1590)歿、48才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

かのう‐えいとく【狩野永徳】
[1543~1590]安土桃山時代の画家。名は州信(くにのぶ)。松栄(直信)の子。祖父元信の期待を一身に受け、早くから画才を発揮。織田・豊臣氏に仕え、安土城大坂城聚楽第(じゅらくだい)などの障壁画に筆をふるった。豪壮華麗な桃山障壁画様式を確立し、また狩野派全盛の基礎をつくった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

狩野永徳 かのう-えいとく
1543-1590 織豊時代の画家。
天文(てんぶん)12年1月13日生まれ。狩野松栄の長男。祖父元信にまなぶ。永禄(えいろく)9年大徳寺聚光(じゅこう)院の襖絵(ふすまえ)を制作。さらに織田信長の安土城や豊臣秀吉の大坂城,聚楽第などの障壁画を手がける。華麗でダイナミックな表現様式により,狩野派の黄金期をもたらした。天正(てんしょう)18年9月14日死去。48歳。名は州信。通称は源四郎。作品に「洛中洛外図屏風」「許由・巣父図」「唐獅子図屏風」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かのうえいとく【狩野永徳】
1543‐90(天文12‐天正18)
桃山時代の画家。狩野松栄の長男。幼名は源四郎,後に州信。法眼あるいは法印となる。幼い時から将来を期待され,祖父狩野元信の指導を受けたと思われる。1566年(永禄9)24歳で父とともにあたった大徳寺聚光院の障壁画制作では,最も重要な場所である室中(仏間)を父に代わって担当し,翌年には近衛邸の障壁画をまかされるほどであった。彼の豪放な新様式は織田信長に認められ,76年(天正4)からの安土城建設には天下一の画家として参加した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かのうえいとく【狩野永徳】
1543~1590 安土桃山時代の画家。山城国の生まれ。幼少の時から祖父元信の指導を受ける。織田信長・豊臣秀吉に用いられ、安土城・大坂城・聚楽第じゆらくだいなどに豪壮雄大な障壁画を制作、御用絵師としての狩野派の基礎を確立した。代表作「洛中洛外図屛風」「唐獅子図屛風」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

狩野永徳
かのうえいとく
[生]天文12(1543).1.13. 京都
[没]天正18(1590).9.14. 京都
桃山時代前期の画家。狩野松栄の長子,初名は源四郎,のち州信 (くにのぶ) と改名。永徳は号。祖父元信から直接絵を学び,早くから天分を発揮。永禄9 (1566) 年 24歳で大徳寺聚光院客殿の『四季花鳥図』『琴棋書画図』襖絵 (ともに国宝) を描き,翌 10年から近衛家の座敷絵を弟子とともに制作したことが『言継卿記』より知られる。やがて織田信長の寵遇を得て,安土城の天守および御殿の障壁画制作を狩野一門の画人を率いて担当。安土城は焼失したが,大画面構成による金碧障壁画は,当時の英雄趣味に合致してもてはやされ,桃山絵画の主流となった。信長死後も引続き豊臣秀吉の恩顧を受け,天正 11 (83) 年大坂城,同 14年聚楽第,正親町院御所,同 16年天瑞寺などで次々に障壁画制作を行なったが,同 18年天正内裏に揮毫中,48歳で急逝。これら障壁画は,南禅寺本坊大方丈障壁画中に永徳画遺在の可能性を残すほかはすべて建物とともに失われたが,雄大な永徳画風の一端は『唐獅子図屏風』 (宮内庁三の丸尚蔵館) や『檜図屏風』 (国宝,東京国立博物館) から知られる。これら大画作品のほか『洛中洛外図屏風』 (上杉家) のような細密画や,水墨の『許由巣父図』 (東京国立博物館) も残るが,名声のわりに確実な遺品に乏しい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

狩野永徳
かのうえいとく
(1543―1590)
安土(あづち)桃山時代を代表する画家。狩野松栄(しょうえい)直信(なおのぶ)の長子。名は初め源四郎、のちに州信、永徳はその号である。幼年より祖父元信(もとのぶ)の薫陶を受け、彼の天才はその期待によくこたえた。
 1566年(永禄9)弱冠24歳にして、父直信とともに大徳寺聚光院(じゅこういん)の障壁画(しょうへきが)を制作、『花鳥図』『琴棋書画図(きんきしょがず)』を描く。ことに前者は襖(ふすま)16面にわたって、松に鶴(つる)、芦(あし)に雁(がん)、梅に小禽(しょうきん)を近景的構図のうちに展開させたもので、ダイナミックな躍動感にあふれ、この青年画家のほとばしるような若さの発露の表現であるとともに、壮麗な桃山障壁画の開幕を告げる記念碑的大作である。
 そうした永徳の大画面様式は、新時代の覇者織田信長、豊臣(とよとみ)秀吉の共感をよび、安土城(1576)、桃山城(1584)、聚楽第(じゅらくだい)(1587)など、当代を代表する建造物の障壁画はすべて永徳の指導下に制作された。わけても信長が築いた安土城の天守や御殿の障壁画は、『信長公記(しんちょうこうき)』が伝えるように、あらゆる画題、あらゆる技法を駆使したもので、障壁画史上画期的な偉業であった。しかしこれら膨大な作品は建築物と運命をともにしたため、永徳の遺作はその巨名に比し意外に少ない。そのなかで彼の代表作としてあげるべきものには、前記の聚光院襖絵以外に、1574年(天正2)信長が上杉謙信に贈った『洛中洛外図屏風(らくちゅうらくがいずびょうぶ)』(上杉家)、『唐獅子(からじし)図屏風』(御物(ぎょぶつ))、『許由巣父(きょゆうそうほ)図』(東京国立博物館)がある。南禅寺本坊大方丈の障壁画や『檜(ひのき)図屏風』(東京国立博物館)も彼の作である可能性が強い。これらの障屏画(しょうへいが)にみられる永徳の豪壮な様式は、単に狩野派のみならず、その後の桃山画壇に決定的な影響を与えた。天正(てんしょう)18年9月14日没。48歳。さらにいっそうの飛躍が期待されてしかるべき年齢であった。[榊原 悟]
『土居次義著『日本美術絵画全集9 狩野永徳・光信』(1981・集英社) ▽鈴木廣之著『名宝日本の美術17 永徳 等伯 』(1983・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

狩野永徳 (かのうえいとく)
生年月日:1543年1月13日
安土桃山時代の画家。狩野派全盛の基礎を築いた
1590年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かのう‐えいとく【狩野永徳】
安土桃山時代の画家。京都の人。元信の孫。名は州信。織田信長、豊臣秀吉に仕え、安土城、大坂城、聚楽第(じゅらくだい)などの障壁画を制作。元信以来の装飾的方向を発展させ、雄大な構図と強烈な色彩により、城郭建築に適合した桃山様式をうちたてた。作品「洛中洛外図屏風」「唐獅子図屏風」など。古永徳。天文一二~天正一八年(一五四三‐九〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

狩野永徳
かのうえいとく
1543〜90
安土桃山時代の狩野派画家
元信の。織田信長・豊臣秀吉に仕え,安土城・聚楽第 (じゆらくだい) ・大坂城などの障壁画に腕をふるった。豪快な金地極彩色の画風を創造し,狩野派全盛の基礎を築いた。代表作に宮内庁蔵『唐獅子図屛風』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狩野永徳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

狩野永徳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation