@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

狩野派【かのうは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

狩野派
かのうは
室町時代中期に成立,桃山・江戸時代を経て明治初期まで続いた日本絵画史上最大の漢画画派。その始祖は小栗宗湛の没後,室町幕府御用絵師となった狩野正信で,彼は漢画やまと絵双方の画題や手法をこなして,武家の好尚に合った禅宗臭さのない平明な様式を創出。次代の元信は弟雅楽助 (之信) ,長男祐雪,次男乗信,3男松栄らの一族や門人の画師,画工を大勢率いて,幕府,宮廷,公家,武家,寺社など多方面からの注文に応じて活躍,狩野派の基礎を確立した。元信は中国の宋・元・明代の絵画や室町水墨画のほか,土佐派の技法や装飾性豊かな彩色法をも学んで,やまと絵と漢画を合せた和漢融合様式を完成。また大規模書院建築の内部装飾に適した障壁画の構成法や,狩野派の筆法による真・行・草の三画体をも考案。それらは天分に恵まれた孫の永徳に継承されて飛躍的発展をとげ,織田信長豊臣秀吉庇護下で桃山金碧障屏画の全盛時代を招来し,同時代の狩野派以外の漢画系画人にも強い影響を与えた。永徳没後は弟の宗秀,高弟の山楽らの老匠と光信,孝信,長信,甚之丞ら一門の画人が結束して狩野派の地位の安泰をはかり,秀吉の死後にはいちはやく徳川氏に伺候した。画風的には,永徳の長男光信がやまと絵風の優美な作風をもつのに対し,永徳の大画様式は山楽が継承,それはさらに探幽へと受継がれたが,永徳時代の力強さや躍動感は次第に薄れ整合化,装飾化が進んだ。江戸時代に入ると探幽,尚信,安信が徳川氏に仕えて江戸へ移住し,江戸狩野を形成,本家,分家に分れておのおの繁栄し,江戸幕府御用絵師としての特権を代々踏襲した。この頃になると豪放華美な金碧障屏画は下降となり,探幽は水墨画に新生面を開いた。この探幽様式も時代が下るとともに形骸化して,むしろ狩野の正系から離れ,庶民生活を素朴な筆で描いた久隅守景英一蝶らの絵にみるべきものが多い。明治初期には狩野芳崖橋本雅邦が出て,近代日本画の指南的存在として意欲ある活躍をみせた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かのう‐は【野派】
日本画の一流派。室町中期に起こり、武家政権の庇護のもとに、日本画の主流を占めつつ、江戸時代を通じて将軍家御用絵師としての家業を世襲した。始正信は、禅僧宋元画を継いで水墨画を主とし、その子の元信大和絵画法を取り入れ、力強い装飾性をもって武家の好みに投じた。孫の永徳織田信長豊臣秀吉に仕えて安土桃山時代障壁画を代表。豊臣氏滅亡ののちは、徳川家御用絵師となり、永徳の孫の探幽に至って、江戸狩野派の基礎は不動のものとなった。その門系から狩野芳崖(ほうがい)橋本雅邦が出ている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かのうは【狩野派】
室町中期から明治初期まで続いた,日本画の最も代表的な流派。15世紀中ごろに室町幕府の御用絵師的な地位についた狩野正信を始祖とする。正信は俗人の専門画家でやまと絵と漢画の両方を手がけ,とくに漢画において時流に即してその内容を平明なものにした。流派としての基礎を築いたのは正信の子の元信である。漢画の表現力にやまと絵の彩色を加えた明快で装飾的な画面は,当時の好みを反映させたものであり,また工房を組織しての共同制作は数多い障壁画制作にかなうものであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かのうは【狩野派】
日本画の一流派。漢画様式を基調とした日本画中最大の画派。狩野正信を祖とする。安土桃山・江戸時代を通じて、将軍家の御用絵師として画界の主流をなした。土佐派の大和絵に対し、漢画系に分類される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

狩野派
かのうは
室町時代から明治に至る日本絵画史上最大の画派。封建的な世襲制と強固な同族的紐帯(ちゅうたい)を基本とした強力な作画機構を築き上げ、膨大な需要に応ずるとともに、400年の長きにわたって、近世画壇に君臨し続けた。その歴史は、室町後期、始祖狩野正信(まさのぶ)が小栗宗湛(おぐりそうたん)の後を継いで足利(あしかが)幕府の御用絵師に任ぜられたことに始まる。正信は中国の宋元画(そうげんが)に学んだ漢画系の画人であったが、時に応じてはわが国固有の大和絵(やまとえ)の技法をも自由に取り入れ、日本人の感性に根ざした平明な画風を志向した。その子元信は、正信に萌芽(ほうが)した和漢の融合をいっそう推し進め、大和絵の伝統的な装飾性を生かした明快な障壁画(しょうへきが)様式を創造、きたるべき近世絵画への偉大なる第一歩を踏み出した。さらに門弟多数を擁した工房を主宰、優れた政治的手腕によって戦国の世を大胆に生き抜き、後の狩野派発展の基礎を築いた。元信には、祐雪(ゆうせつ)、松栄(しょうえい)の子息や、名作『高雄観楓図屏風(たかおかんぷうずびょうぶ)』の画家秀頼(ひでより)(元信の次男とも、孫の真笑(しんしょう)ともいわれるが、その伝歴は不明。ただ1570年代まで活躍していたことは間違いない)などの門人があり、ことに宗家を継いだ松栄は、穏やかで温かみある佳品を残しているが、真に元信の画風を受け継いだのは孫の永徳であった。永徳は、祖父の創造した大画面構成法を飛躍的に展開させ、豊かな装飾性と壮大な気宇をあわせもった、いわゆる桃山様式を完成する。それは、織田信長、豊臣秀吉(とよとみひでよし)などの天下人の趣好に合致し、その用命によって、安土城(あづちじょう)天守閣をはじめ聚楽第(じゅらくだい)、大坂城など、当代を代表する大規模な殿舎の障壁画にその天賦の才腕を振るった。永徳の没後、彼の達成したこの桃山様式は、弟子の山楽(さんらく)や長男光信(みつのぶ)らに継承されたが、永徳の豪壮な画風をよく伝え、これに写実性と装飾性を付け加えて独自の様式を確立したのは山楽であった。
 これに対し宗家を継いだ光信は、大和絵への共感から父の画風を和様化し、いっそう繊細優美に変質させる。そして関ヶ原の戦い(1600)以降の政情不安のなかで、徐々に徳川家との関係を密にし、後代の狩野派による画壇支配への布石ともなった。光信の周辺には、子の貞信(さだのぶ)、弟の孝信(たかのぶ)がいたが、いずれも早世し、ここに狩野派は大きな転換期を迎える。しかしこの危機も、永徳の弟長信や光信の高弟興以(こうい)らの努力と、孝信の遺児守信(探幽(たんゆう))、尚信(なおのぶ)、安信(やすのぶ)らの成長とによって、老獪(ろうかい)に乗り切る。ことに探幽は、余白の多い淡泊な構図のうちに瀟洒(しょうしゃ)で端正な新様式を創造、これは新秩序の確立を目ざした幕府支配者の趣味にも合致し、その絶大なる支持を得る。彼は、江戸城鍛冶橋(かじばし)門外に屋敷を与えられ、鍛冶橋狩野家の祖となるが、その弟たちも尚信は木挽町(こびきちょう)家を、安信は中橋家(狩野宗家)をそれぞれおこし、幕府の絵事御用を勤めた。この3家に、尚信の子常信(つねのぶ)の次子岑信(みねのぶ)が分家してたてた浜町(はまちょう)家を加えて、4家は奥絵師とよばれ、代々幕府の御用絵師としてその地位を保証された。そして、この奥絵師の下には表絵師、各藩のお抱え絵師などがあり、狩野派は江戸時代を通じて安定した勢力を保つこととなる。しかしそうした地位に安住したためか、しだいに芸術的創造力を枯渇させていく。そのなかで皮肉にも、久隅守景(くすみもりかげ)や英一蝶(はなぶさいっちょう)など破門されたり、一門から遠ざかっていった画家にみるべき作品が多い。
 もっともこれとは別に、江戸期の狩野派には、多くの画家が一度はその門に入り、それへの反発から新しい芸術運動をおこすといった反面教師的な存在意義や、広く門戸を開いた絵画教育機関としての機能があったこともまた忘れてはならない。そうした狩野派の潜在的意義が、明治初年における狩野芳崖(ほうがい)、橋本雅邦(がほう)の2巨匠のうちに顕在化し、これが岡倉天心らの日本画近代化運動に多大なる貢献をもたらすこととなる。[榊原 悟]
『武田恒夫著『日本の美術53 元信・永徳・探幽』(1979・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かのう‐は【狩野派】
〘名〙 日本画の流派の一つ。室町後期、狩野正信に始まる。中国の北宋画を基礎にし、抑揚の強い水墨画的線と土佐派的な濃い彩色法が調和した画風で、桃山・江戸時代を通じて画壇の中心的勢力を維持した。元和七年(一六二一)守信(探幽)が御用絵師となって以来、宗家を中橋狩野と呼び、分家の鍛冶橋、木挽町を合わせて狩野三家、また、これに浜町を加え奥絵師四家という。狩野流。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

狩野派
かのうは
室町中期から明治時代に及ぶ日本画壇最大の流派
金碧濃彩と水墨を融合し,障壁装飾画や風俗画に新機軸を示す。常に武家政権と結び正統派として画壇に君臨した。狩野正信を始祖として元信・永徳・探幽らによって大成。江戸時代に探幽ら一門が幕府や諸大名の御用絵師となり地位が安定すると,画風は形式化した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狩野派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

狩野派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation