@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

独占利潤【どくせんりじゅん】

大辞林 第三版

どくせんりじゅん【独占利潤】
市場と価格を支配することによって独占企業が得る超過利潤。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どくせんりじゅん【独占利潤】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

独占利潤
どくせんりじゅん
monopoly profit英語
profit de monopoleフランス語
Monopolprofitドイツ語
企業が生産物やサービスをその価値(生産価格)以上の価格で販売する結果として取得する平均水準以上の超過利潤をいう。独占利潤は、技術進歩などによって他企業に比べてより低いコスト水準を達成した企業に発生する場合もある。しかし、市場が十分に競争的であるならば、こうした独占利潤は、競争企業の技術革新などによってやがて消滅していく。固有の独占利潤は、したがって、なんらかの市場と価格の支配力をもつ独占的企業が長期にわたって取得し続けるそれである。自然資源の独占的支配や国の法的規制による価格管理、とくに少数の巨大企業の協調的な独占価格設定によって恒常的に独占利潤が生じる。独占利潤の存在は、生産者と消費者との間の所得分配と経済全体の資源の適正配分をゆがめ、市場経済の公正と効率性を損なうところから、経済学と経済政策上の中心的課題の一つとして、古くから関心をもたれてきている。[吉家清次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どくせん‐りじゅん【独占利潤】
〘名〙 市場を独占して獲得する利潤。→独占価格

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

独占利潤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

独占利潤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation