@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

独吟【どくぎん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

独吟
どくぎん
(1) 謡曲のうたい方。一曲のある短い部分,段,クセ,キリなどを囃子なしで1人でうたうこと。またのなかで1人でうたうこともいう。 (2) 下座音楽の一種。「メリヤス」と称する短い曲を1人でうたう形式。俳優の思入れ,髪梳き,色模様,書置などのしぐさに合せてしんみりと静かにうたい,セリフの間は合の手を弾く。これには長唄の独吟唄のほか,地歌,端うた,小唄などを用いることもある。 (3) 邦楽曲目によっては,一曲中で1人の奏者が独唱すること,およびその部分をいい,特に伴奏もほとんどない部分をいうことがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どく‐ぎん【独吟】
[名](スル)
一人で詩歌・歌謡を口ずさむこと。
連歌連句を一人で詠むこと。また、その作品。片吟。→三吟両吟
謡曲の特定の聞かせどころを、囃子(はやし)を伴わずに一人で謡うこと。また、の中で一人で謡うこと。⇔連吟
歌舞伎下座音楽で、下座唄を一人でうたうこと。主に「めりやす」を立唄(たてうた)の人がうたうこと。⇔両吟

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どくぎん【独吟】
日本音楽の用語。(1)能の演奏形式の一種。一曲中の特定部分,《玉ノ段》(《海人》),《笠ノ段》(《蘆刈》)などの段歌や,クセ,キリなどの聞かせどころを1人でうたうことで,囃子は伴わない。【松本 雍】(2)邦楽用語。三味線の伴奏のみで唄方(1人)がうたうことをいう。歌舞伎の下座音楽(げざおんがく)の演奏法の一つで,愁嘆場,色模様,髪梳きなど,しんみりとした場面で,俳優の動作に合わせて効果的に演奏される。《東海道四谷怪談》の〈民谷伊右衛門浪宅の場〉での《瑠璃るりのつや)》や,《仮名手本忠臣蔵》七段目の《小夜千鳥(さよちどり)》などがそれである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どくぎん【独吟】
スル
ひとりで詩歌などをうたうこと。 山中を逍遥しつつ-する
謡曲などの一節を一人でうたうこと。 ⇔ 連吟
ひとりだけで句を作ること。また、その句。 -千句両吟三吟

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

独吟
どくぎん
邦楽用語。唄(うた)い手1人でうたうこと。能にもこの用語があり、能では略式の演奏形式の一つで、比較的長い聞かせどころを囃子(はやし)を伴わずに1人で謡(うた)うことをいうが、一般には長唄において用いる。この場合は全曲を1人でうたうことをいい、独吟でうたわれるものを「独吟物」と称することもある。独吟物には「めりやす物」とよばれるものすべてのほかに『都鳥』『松の緑』などが含まれる。「めりやす物」とは、一挺(いっちょう)の三味線と1人の唄い手によって演奏される短い曲で、三下りの、哀調を帯びたものが多い。おもに歌舞伎(かぶき)の下座(げざ)音楽から生まれたもので、愁嘆や述懐、色模様などの俳優のしぐさの背景音楽として用いられた。『傾城無間鐘(けいせいむけんのかね)』『五大力(ごだいりき)』『黒髪』『もみぢば』などが代表的である。元来は長唄の曲の一部分が用いられることが多かったが、そのうち、その短い部分が長唄曲として独立したものも数多くある。[渡辺尚子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どく‐ぎん【独吟】
〘名〙
① ひとりで詩歌を吟ずること。
※本朝文粋(1060頃)九・風月一朝阻詩序〈菅原雅規〉「松間蘋末。行子難同遊之情。雲尽燭晴、居人不独吟之趣者也」 〔白居易‐秋雨中贈元九詩〕
② ひとりで謡曲や歌謡をうたうこと。
※音曲玉淵集(1727)四「謡物の上に吟といふ有〈略〉一人うたふを独吟といひ」
③ 連歌や連句で他の人と付合(つけあい)をしないで、一巻を一人でよむこと。また、その作。片吟。
※実隆公記‐文明一七年(1485)一〇月八日「北野御法楽卅首御独吟和哥可進合点之由也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

独吟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

独吟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation