@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

猩猩緋【しょうじょうひ】

色名がわかる辞典

しょうじょうひ【猩猩緋】
色名の一つ。鮮やかな緋色のこと。「猩猩」とは古代中国で生み出された空想上の生き物。猿に似ているという。その猩猩の血で染めたと伝えられる伝説的な色である。実際は南蛮渡来のエンジムシから作られたコチニールという染料で染めた色が、いつの間にかこの名で呼ばれ 愛用されたとされる。戦国時代の陣羽織に多く使われた。西洋でもはしばしば血の色に結びつけられ、血の赤を意味するブラッドレッドはローマ神話ビーナスの血のような美しい赤を表す色名。もっとも赤らしい赤とされていた。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうじょう‐ひ〔シヤウジヤウ‐〕【×××緋】
やや青みを帯びた鮮やかな深紅色。また、その色に染めた舶来の毛織物。「猩猩緋の陣羽織」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょうじょうひ【猩猩緋】
色の名。わずかに黒みを帯びた、あざやかな赤。
の色に染めた舶来の毛織物。 毛類は-の百間つづき/浮世草子・永代蔵 6

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうじょう‐ひ シャウジャウ‥【猩猩緋】
〘名〙 あざやかな深紅色。また、その色に染めた舶来の毛織物。陣羽織などに用いられた。
※羅葡日辞書(1595)「Coccinus〈略〉アカキ xǒjǒfino(シャウジャウヒノ) イロニ ソメタル モノ」
※豊薩軍記(1749)一「並に綾羅・錦繍・伽羅・猩々皮の二十間つづき以下、種々の珍宝を相渡す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猩猩緋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

猩猩緋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation