@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

猪口【イグチ】

デジタル大辞泉

い‐ぐち〔ゐ‐〕【×猪口】
イグチ科のキノコ総称ヌメリイグチ・チチアワタケ・ハナイグチなどがあり、傘は肉質のまんじゅう形で、裏面にひだはなく、小さな穴がたくさんある。食用になるものが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょく【×猪口】
日本酒を飲むときに用いる陶製の小さな器。上が開き下のすぼまった小形のさかずき。江戸時代以降に用いられた陶製の杯についていう。ちょこ。
本膳料理に用いる1の形に似た深い器。酢の物や酒のさかななどを盛る。
[補説]「口」は当て字。「ちょく」は、「」の呉音、福建音、朝鮮音からなどの諸説がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょこ【×口】
《「ちょく(猪口)」の音変化》さかづき。「猪口に酒をつぐ」
猪口才(ちょこざい)」の略。
「何がとは、―言うてぢゃ」〈滑・膝栗毛・七〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

猪口
日本ではさかずき。ちょこ。中国ではブタの口。「猪」はブタのことで、イノシシ(野猪)ではない。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

ちょこ【猪口】
杯の一種で,ふつう陶磁製の小器をいう。〈ちょく〉からの変化で,〈ちょく〉は〈鍾〉の呉音,あるいは福建音,朝鮮音に関係があるとする新井白石の説などがあるが,はっきりしない。猪口は〈ちょく〉の当て字である。《守貞漫稿》が〈江戸近年式正ニノミ銚子ヲ用ヒ,畧ニハ燗徳利ヲ用フ。……盃モ近年ハ漆盃ヲ用フコト稀ニテ磁器ヲ専用トス。……三都トモ式正,塗杯,畧ニハ猪口。式正ニモ初塗杯,後猪口ヲ用フコト銚子ニ准ス〉としているように,江戸時代には燗徳利との組合せで猪口はひろく普及した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ちょく【猪口】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いぐち【猪口】
担子菌類ハラタケ目のきのこの総称。傘の裏面にはひだがなく、胞子は多数の管孔の内壁にできる。地上生。傘はまんじゅう形。表面は多く黄褐色。ヌメリイグチ・ヤマドリタケなど食用になる種が多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょく【猪口】
の字音からか
口が広く、底のすぼまった小形の陶器。本膳中の中付けの小器としたが、さらに小形の杯をいうようになった。正式の膳には漆杯が用いられたが、江戸時代以降、燗徳利かんどくりとともに広く普及した。ちょこ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょこ【猪口】
「ちょく(猪口)」の転。おちょこ。
「ちょこざい」の略。 なにがとは-云ふてじや/滑稽本・膝栗毛 7

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

ちょく【猪口】
➀陶磁器製、ガラス製、銀製などの小さい。◇「ちょこ」ともいう。
➁直径10cm前後の小さい皿。刺身酢の物などに用いる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょこ【猪口】
ちょく。◇「おちょこ」の形で用いることが多い。⇒ちょく

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐ぐち ゐ‥【猪口】
〘名〙
① 担子菌類のキノコ。狭義にはイグチ科に限定し、広義にはオニイグチタケ科をも含む。多くは食用とし、針葉樹林内の地上に生える。かさの表面は黄褐色、赤褐色または暗褐色、裏面は淡黄褐色で網目状に多数の小孔を有する。高さ三~一五センチメートル。やまどりたけ。ぬめりいぐち。
※名語記(1275)八「くさひらのゐぐち如何。答猪のししのくひてくつるよし歟」
② 筍(たけのこ)が伸びてから梅雨中などに立ち枯れして黒くなったもの。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょく【猪口】
〘名〙 (「猪口」はあて字。「鍾」の呉音、あるいは福建音、朝鮮音に関係があるという)
① 酒をつぎ入れて飲む陶製や金属製の小さな器。上が開き、下のすぼんだ小形のさかずき。正式には塗杯を用いるのに対して、普通に燗徳利と対(つい)で用いられる。ちょこ。のぞき。
※俳諧・遠近集(1666)一「花見酒ちょくでのまばや綸旨梅〈政重〉」
② (①に形が似ているところからいう) 本膳料理につく、小さくて深い陶器。刺身、酢の物などを入れる。〔男重宝記(元祿六年)(1693)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょこ【猪口】
〘名〙
① 「ちょく(猪口)」の変化した語。
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)三「燗どうこの湯をかはいらしい猪口(チョコ)で、二三ばい残しててうしをつけ」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)七「なにがとは、ちょこいふてじゃ。よふおもふても見さんせ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猪口」の用語解説はコトバンクが提供しています。

猪口の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation