@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

猪苗代兼載【いなわしろ けんさい】

美術人名辞典

猪苗代兼載
戦国時代の連歌師会津生。別号に宗春・相園坊・耕閑斎等。尭恵和歌を、心敬に連歌を学ぶ。のち上洛し北野連歌会所奉行となる。また大内政弘親交を持ち、『新撰菟玖波集』を編ずる飯尾宗祗補佐も手掛ける。句集に『園塵』、連歌論に『兼載雑談』などがある。永正7年(1510)歿、59才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

いなわしろ‐けんさい〔ゐなはしろ‐〕【猪苗代兼載】
[1452~1510]室町中期の連歌師。会津の人。名は宗春。号、相園坊・耕閑軒。心敬師事宗祇らと「新撰菟玖波集」を編集。句集「園塵(そののちり)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

猪苗代兼載 いなわしろ-けんさい
1452-1510 室町-戦国時代の連歌師。
享徳元年生まれ。心敬にまなび,宗祇(そうぎ)とまじわる。文明8年から京都で活動,延徳元年(1489)宗祇の跡をついで北野連歌会所の奉行となる。宗祇をたすけて「新撰菟玖波(しんせんつくば)集」を編集。晩年は関東で活動した。永正(えいしょう)7年6月6日死去。59歳。陸奥(むつ)会津(福島県)出身。別号に宗春,相園坊,耕閑軒。著作に「兼載雑談」,句集に「園塵(そののちり)」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いなわしろけんさい【猪苗代兼載】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

猪苗代兼載
いなわしろけんさい
1452?〜1510
室町後期の連歌師
奥州会津の人。心敬 (しんけい) に学び,句風は才気ある技巧派で写実的なものに佳句が多い。宗祇 (そうぎ) の『新撰莵玖波集』の編集に協力。著書に連歌論書『景感道』,雑録『兼載雑談』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

猪苗代兼載
いなわしろけんさい
兼載」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

猪苗代兼載
いなわしろけんさい

兼載

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猪苗代兼載」の用語解説はコトバンクが提供しています。

猪苗代兼載の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation