@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

猪谷千春【いがやちはる】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

猪谷千春
いがやちはる
[生]1931.5.20. 南千島,国後島
スキー選手。立教大学,アメリカ合衆国のダートマス大学卒業。1956年のコルティナダンペッツォ・オリンピック冬季競技大会アルペンスキー男子回転で 2位。アルペンスキーで日本人として初めてオリンピック入賞を遂げた。1960年のスコーバレー大会を最後に国際舞台から去り,1962年から強化コーチとなった。1982年から国際オリンピック委員会 IOC委員を務め,2005~09年同副会長,2012年同名誉委員。1988年紫綬褒章,2012年オリンピック・オーダー銀章受章。(→スコーバレー・オリンピック冬季競技大会

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

猪谷千春 いがや-ちはる
1931- 昭和後期-平成時代のアルペンスキー選手,指導者。
昭和6年5月20日生まれ。猪谷六合雄(くにお)の長男。父の英才教育をうけ,昭和27年オスロ冬季五輪の回転で11位。アメリカ留学で技術をみがき,31年コルティナ-ダンペッツォ冬季五輪の回転でトニー=ザイラーについで銀メダル。日本初の冬季五輪メダリストとなる。57年IOC委員,62年理事,平成17年副委員長。北海道(千島)出身。ダートマス大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いがやちはる【猪谷千春】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

猪谷千春
いがやちはる
(1931― )
スキー選手。北海道、国後(くなしり)島生まれ。3歳のときから父母よりスキーの英才教育を受ける。1953年(昭和28)立教大学を卒業し、アメリカのダートマス大学に留学。アメリカではスキーの全米学生選手権に6回、全米選手権に5回優勝し、1957年に全米スキーチームの最優秀選手となり、同大卒業時にダートマス杯を受ける。1952年オスロ冬季オリンピック大会に出場。1956年コルティーナ・ダンペッツォ冬季オリンピックに出場し、回転競技で銀メダルを獲得する。1982~2011年に国際オリンピック委員会(IOC)委員を務め、その間1987~1991年と1996~2000年の2回に渡りIOC理事に就任。また、国際スキー連盟アルペン委員会委員、ワールドカップ委員会極東代表、全日本スキー連盟強化顧問を歴任した。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猪谷千春」の用語解説はコトバンクが提供しています。

猪谷千春の関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation