@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

猪隈関白記【いのくまかんぱくき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

猪隈関白記
いのくまかんぱくき
『続御暦』ともいう。鎌倉時代関白近衛家実の日記。自筆本 23巻,古写本 16巻 (ともに陽明文庫) を合せて,建久8 (1197) ~建保5 (1217) 年の記事が存している。自筆本の大半具注暦に記されているが,特に記述の多い場合には,別紙に書いてこれに継ぎ込むという方法をとっている。内容は,年中行事儀式に関するものが中心であるが,後鳥羽院政期における貴重な公家史料である。なお,書名の「猪隈」は家実の居住地にちなんでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いのくまかんぱくき【猪隈関白記】
鎌倉時代前期の公家近衛家実の日記。1197‐1217年(建久8‐建保5)の分が陽明文庫に自筆本で23巻残存。忠実の日記《御暦》(《殿暦》)に対し《続御暦》ともいう。日記の名は筆者家実が猪隈に住み猪隈関白と呼ばれたことによる。自筆本は上記以外に1232年(貞永1)までのものが部分的に断簡として残っており,後鳥羽院政期や承久の乱前後の事情を知るうえで貴重な史料である。【清田 善樹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

猪隈関白記
いのくまかんぱくき

近衛家実(このえいえざね)(1179―1242)の日記。『知足院(ちそくいん)関白記』を『御暦(ごれき)』とよぶのに対し、『続御暦』『続暦』とも称する。京都陽明文庫に自筆本23巻、古写本16巻が伝存する。1197年(建久8)家実19歳に始まり、1211年(建暦1)33歳に至る。また1217年(建保5)の別記を含んでいる。ほかに1228年(安貞2)や1235年(嘉禎1)などの断簡があり、本来この記が家実の晩年に及んでいたことを示す。鎌倉初期の公家(くげ)日記として貴重である。『大日本古記録』所収。

[名和 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猪隈関白記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

猪隈関白記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation