@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

献帝[後漢]【けんてい[ごかん]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

献帝[後漢]
けんてい[ごかん]
Xian-di; Hsien-ti
[生]光和3(180)
[没]建興12(234)
中国,後漢最後の皇帝 (在位 189~220) 。姓名は劉協。父は霊帝,母は王美人。霊帝の没後少帝が即位したが,軍閥の首領であった董卓は少帝を廃して献帝を立て,都を長安に移した。初平3 (192) 年,董卓が殺されると,再び洛陽に帰ったが曹操に迎えられて許に移った。曹操は事実上の支配権を奪ったが,最後まで魏王の地位にとどまった。しかし曹操が死ぬと,その子の曹丕 (→文帝) は延康1 (220) 年帝を廃して自立し,ここに後漢は滅びた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

献帝[後漢]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

献帝[後漢]の関連情報

関連キーワード

干渉(波)傷害保険オーバーヘッドアプローチ全天カメラ満文老檔ヤシ遺伝性プリオン病カープラス式経度マルクス=アウレリウス=アントニヌス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation