@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

猶予【ユウヨ】

デジタル大辞泉

ゆう‐よ〔イウ‐〕【猶予】
[名](スル)
ぐずぐず引き延ばして、決定・実行しないこと。「もはや一刻の猶予も許されない」「猶予している場合ではない」
実行の日時を延ばすこと。「返済を一か月間猶予する」「執行猶予

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ゆうよ【猶予】
スル
実行の期日を延ばすこと。また、延期を認めること。 支払いを-してもらう 執行-
ぐずぐずして物事を決めないこと。 一刻も-すべき時ではない 猶余と書くのは誤り

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いざよ・う いざよふ【猶予】
〘自ハ四〙 (古くは「いさよう」。「いさ」は感動詞「いさ」と同根)
① 進もうとして進めないでいる。躊躇(ちゅうちょ)する。ためらう。
※古事記(712)中・歌謡「海が行けば 腰泥(こしなづ)む 大河原の 殖草(うゑぐさ) 海がは 伊佐用布(イサヨフ)
※万葉(8C後)三・三七二「雲居なす 心射左欲比(イサヨヒ) その鳥の 片恋のみに」
② 進まないでとまりがちになる。停滞する。とどこおる。
※万葉(8C後)三・二六四「もののふの八十氏河の網代木に不知代経(いさよふ)浪の行く方知らずも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆ‐よ【猶予】
〘名〙 「ゆうよ(猶予)」の変化した語。〔名語記(1275)〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「時今播乱の際(あはひ)に逼て、士民おのおの鼬預(ユヨ)狐疑す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猶予」の用語解説はコトバンクが提供しています。

猶予の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation