@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

猿松【サルマツ】

デジタル大辞泉

さる‐まつ【猿松】
《松の字をつけて人名めかしていった語》
猿をののしっていう語。
まぬけな者や小生意気な者、わんぱくな子供などをののしっていう語。
「童子(わらべ)すかしの―の風車をするなど」〈浮・永代蔵・六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さる‐まつ【猿松】
〘名〙
① (「松」は、江戸時代、千代松、岩松など子どもに多かった人名になぞらえたもの) 猿をののしっていう。えて公。
※俳諧・江戸十歌仙(1678)追加「猿松もながめて月ややつすらん〈春澄〉 きゃつめが里も秋の哀れさ〈自悦〉」
② (「猿」は悪がしこい意) さしで口をきいたり、いたずらをしたりする子ども、または、人をののしっていう。悪がしこい子ども。こしゃくな奴。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)六「『ヱヱ、さる枩め』トはり倒す」
③ (「猿」は猿知恵の意) 考えの足りない人、まがぬけている人をののしっていう。
※浄瑠璃・摂津国長柄人柱(1727)三「三筋たらぬ猿松めら、早川に流し見て本末を知る事を、うぬ等風情に習はうか」
④ 広く一般に、人をののしっていう。このやろう。ちきしょう。
※浄瑠璃・関取千両幟(1767)七「爪の長い猿松め、猫め、畜生め、エエ、おのれはおのれは憎やな」
⑤ (形動) おろかであるさま。ばかばかしい態度。
※浄瑠璃・愛護稚名歌勝鬨(1753)初「ヱヱ隙の入る猿に松がえ。猿松な使いじゃ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猿松」の用語解説はコトバンクが提供しています。

猿松の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation