@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

猿楽・申楽【さるがく】

大辞林 第三版

さるがく【猿楽・申楽】
軽業かるわざ・奇術や滑稽な物まねなどの演芸。奈良時代に唐から伝来した散楽さんがくを母胎につくり出されたもの。鎌倉時代頃からこれを職業とする者が各地の神社に隷属して祭礼などに興行し、座を結んで一般庶民にも愛好された。室町時代になると、田楽や曲舞くせまいなどの要素もとり入れ、観阿弥・世阿弥父子により能楽として大成される。さるごう。
能楽の旧称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猿楽・申楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

猿楽・申楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation