@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【エン】

デジタル大辞泉

えん【猿】[漢字項目]
常用漢字] [音]エン(ヱン)(漢) [訓]さる
〈エン〉動物の名。サル。「猿猴(えんこう)犬猿三猿野猿意馬心猿類人猿
〈さる(ざる)〉「猿芝居山猿
[補説]「猨」は異体字。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さる【猿】
霊長目のうち、ヒト科を除いた哺乳類の総称。原始的な原猿、中南米の広鼻猿、アジア・アフリカの狭鼻猿類人猿の四つに大別される。ほとんどがオーストラリア以外の熱帯地方にすみ、ニホンザルはその北限の種。日本では、ふつうこれをさす。ましら。→日本猿

㋐ずるがしこい者や、物まねのじょうずな者などをあざけっていう語。
㋑野暮(やぼ)な人やまぬけな者をあざけっていう語。
雨戸などの上下の桟に取り付け、鴨居(かもい)敷居の穴に差し込んで戸締まりをする用具。
自在鉤(じざいかぎ)をつるす竹に取り付けて、自在鉤を上にあげて留めておく器具。
小さな紙片の四隅を折って括猿(くくりざる)のような形を作り、中央に穴をあけて凧(たこ)の糸に通し、凧の糸目の所まで上って行かせる仕掛けの玩具。
ミカンの実の一袋を髪の毛などでくくって、括猿の形をこしらえる遊び。
《浴客の垢(あか)をかく動作を猿が爪(つめ)で物をかくのになぞらえていう》江戸で、湯女(ゆな)のこと。風呂屋者。
江戸時代、上方で、岡っ引き目明かしのこと。
[下接語]心の猿竪(たて)猿真(ま)猿横猿(ざる)赤毛猿言わ猿送り猿尾長猿尾巻猿蟹(かに)食猿瓦(かわら)猿聞か猿狐(きつね)猿括(くくり)猿蜘蛛(くも)猿虚仮(こけ)猿小猿木の葉猿米搗(つ)き猿鹿(しか)猿千疋(せんびき)猿台湾猿手長猿天狗(てんぐ)猿日本猿幟(のぼり)猿人似(ひとに)猿日避(ひよけ)猿豚尾猿吠(ほえ)猿見猿眼鏡猿山猿栗鼠(りす)猿

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まし【猿】
サルの古名。ましら。
「よもすがら嘆きあかせばあか月に―の一声聞くぞ悲しき」〈右京大夫集

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ましら【猿】
別名
「大きな体躯(たいく)を―のように軽くもてあつかって」〈有島或る女

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えん【猿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さる【猿】
霊長目に属する人類以外の動物の総称。顔に毛が少なく、手の指が発達し、すぐれた知能をもつ。狭義にはニホンザルをさす。古くから、神聖視され、馬の守護神とされた。ましら。
小利口な者をののしっていう語。 -まね -知恵
戸の框かまちや桟に取り付ける木片あるいは金物で、敷居や鴨居かもい・柱などの穴にさしこみ、戸締まりをする仕掛け。
炉の自在鉤かぎの高さを調節する仕掛け。
江戸時代、風呂屋にいた遊女。湯女ゆなの異称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まし【猿】
サル。ましら。 -、行け行け/狂言・靭猿 虎寛本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ましら【猿】
猿の雅語的表現。 -のごときすばやさ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

猿 (サル)
動物。ヒト以外の霊長類の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さる【猿】
〘名〙
① 霊長目のうちヒト科を除いた哺乳類の総称。動物学的には霊長目を総称していう。ヒトにつぐ高等動物で、大脳のほか色覚を含む視覚、聴覚が発達し知能の高いものが多い。顔が裸出し、目は前方に向かい、手と足で物を握ることができる。森林などで群をなしてすみ、木の葉、果実、昆虫などを食べる。ゴリラ、ヒヒ、クモザル、キツネザルなど一二科五八属一八一種がいる。原猿類と真猿類とに分けられ、後者はさらに広鼻猿類(新世界サル類)、狭鼻猿類(旧世界サル類)、類人猿類に区分される。日本にはニホンザル一種だけで、ふつうこれをさしていう。
※書紀(720)皇極三年六月(北野本南北朝期訓)「人有りて、三輪山に猿(サル)の昼睡るを見る。竊に其の臂を執(とら)へて、其の身を害(そこな)はず」
② ①を、すばしっこくずるいもの、卑しいもの、落ち着きのないものなどと見て、それに似た人をたとえていう語。
(イ) ずるくて小才のきく者、またはまねのじょうずな者などを、あざけっていう語。
※随筆・胆大小心録(1808)五五「今きけば、客は小ぬす人で、おやまは猿で、きき合せてあふ事じゃげな」
(ロ) 野暮な者やまぬけな者をあざけっていう語。
※歌舞伎・桑名屋徳蔵入船物語(1770)五「あの海とんばうめを屋敷に留め置き、彼奴(きゃつ)めを猿にして紛れ者の詮議いたさう」
(ハ) 言語、動作の軽はずみで落ち着きのない者。〔新撰大阪詞大全(1841)〕
(ニ) 主として小者(こもの)、召使いなどを卑しめていう語。
※浄瑠璃・傾城酒呑童子(1718)三「さるめ、先へいて善哉餠いひ付よ」
③ (浴客の垢(あか)を掻(か)くところから) 江戸時代、湯女(ゆな)の別称。風呂屋女。垢かき女。
※俳諧・大坂独吟集(1675)下「をのづから書つくしてよひぜんがさ 猿とゆふべの露は水かね〈未学〉」
④ 岡っ引き、目明しをいう江戸時代、上方の語。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第一三「頭は猿与力同心召連て 此穿鑿に膓をたつ」
⑤ 扉(とびら)や雨戸の戸締まりをするために、上下、あるいは横にすべらせ、周囲の材の穴に差し込む木、あるいは金物。戸の上部に差し込むものを上猿(あげざる)、下の框(かまち)に差し込むものを落猿(おとしざる)、横に差し込むものを横猿という。くるる。
※雑俳・柳多留‐一五三(1838‐40)「戸の猿は手長を防ぐ為に付け」
⑥ 自在かぎをつるす竹にとりつけ、自在かぎを上げて留めておく用具。多くグミの木で作る。小猿(こざる)
⑦ 小さい紙片を折り返して括猿(くくりざる)のような形をつくり、その中央に穴をあけ、揚げた凧(たこ)の糸に通して、凧の糸目の所までのぼり行かせるしかけの玩具。
※随筆・嬉遊笑覧(1830)六「のぼせたる凧の糸にとをし糸をしゃくり上れば凧の糸めの処まで上り行なり。是を猿をやるといふ」
⑧ ミカンの実の袋を糸毛でくくって、①の形をこしらえる遊び。
※浮世草子・好色一代男(1682)六「過にし秋、自が黒髪をぬかせられ、猿(サル)などして遊びし夜は」
⑨ 江戸時代、針さしのこと。
※雑俳・折句袋(1779)「憎まれて居る針箱の猿」
⑩ 「さるばい(猿匐)」の略。
※俚言集覧(1797頃)「猿匐(サルハヒ) 碁勢にあり。又猿とばかりも云」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まし【猿】
〘名〙 「さる(猿)」の異名
※紫式部集(1012‐17頃)「ましも猶をち方人の声かはせ我れ越しわぶるたこのよひ坂」
[補注]中古以降、和歌には「まし」「ましら」を用い、詞書など和歌以外では「さる」を用いるところから、「まし」は歌語であったと認められる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ましら【猿】
〘名〙 「さる(猿)」の異名。
※古今(905‐914)雑体・一〇六七「わびしらにましらななきそあしひきの山のかひあるけふにやはあらぬ〈凡河内躬恒〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

猿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation