@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

獄門【ごくもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

獄門
ごくもん
梟首 (きょうしゅ) ,梟示 (きょうじ) ともいう。平安時代中期~明治初期の刑罰の一つ。大衆へのみせしめとして行われたさらし首のことで,鎌倉時代までは,斬首した罪人の首をほこに突刺して京中の大路を渡したのち,その首を左獄ないし右獄の門前にある楝 (おうち。センダンの古名) の樹にかけてさらすことが多かったので,いつしか梟首のことを獄門と呼ぶようになった。平安期,検非違使の庁例においては盛んに行われ,その執行は,たとえ首をはねた者が征討使であっても,使庁が専当するのが常であった。室町時代以降になると,柱と横木で台をつくって,その上に5寸釘を打った首台を据え,そこへ首を刺してさらしたが,獄門という呼称は変らなかった。これが制度として整えられたのは江戸時代に入ってからで,『公事方御定書』には,牢内において斬首したのち,小塚原 (千住) ないし鈴ヶ森 (品川) においてその首をさらすとある。首は獄門台に載せられ,3日2夜さらされたのち,取捨てられたが,罪状を記した捨札 (すてふだ) は 30日間そこに立てておく定めであった。明治期になってから,獄門の名は,仮刑律では梟首,次いで新律綱領さらには改定律例を通じ梟示という名称に変ったが,斬の特別刑として存続し,梟首刑廃止の布告が出たのは 1879年1月4日のことであった。 (→さらし , 死罪 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごく‐もん【獄門】
獄屋の門。牢屋(ろうや)の門。
斬罪(ざんざい)に処せられた罪人の首を獄屋の門にさらすこと。江戸時代には刑罰の一つとなり、刑場などにさらした。さらし首。梟首(きょうしゅ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごくもん【獄門】
江戸時代の刑罰の一種で,晒首(さらしくび),梟首(きようしゆ)ともいう。かつて梟首は,獄舎の門に首を懸けて行われたので,獄門の名が生じた。《公事方(くじかた)御定書》によれば,牢内において斬首し,小塚原(こづかつぱら)または鈴ヶ森の刑場か,あるいは在方の犯罪地に獄門台を設け,台上に罪人の首を3日2夜さらす。罪としては死罪より重く,磔(はりつけ)より軽い重刑であった。威嚇主義的刑罰の典型で,1870年(明治3)の新律綱領にも梟示として規定されているが,その残虐性から79年廃止された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごくもん【獄門】
牢獄の門。
斬罪になった囚人の首をにさらしたことから 江戸時代の刑罰の一。斬首のうえ、その首を一定の場所または悪事をした場所にさらすこと。獄門台にのせ、そばに罪状を記した立て札を立てた。梟首きようしゆ。晒首さらしくび
[句項目] 獄門に懸ける

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

獄門
ごくもん
刑罰の一種。受刑者の死体、ことにその首を斬(き)って公衆にさらす刑。古く梟(きょう)また梟首とよんだが、平安時代中ごろより、斬った首を囚獄の門の側の楝(おうち)にかけることが行われたので、獄門ということばが生まれた。鎌倉・室町時代にも行われたが、江戸幕府の公事方御定書(くじかたおさだめがき)はこれを死刑の一種として、公儀に対する重い謀計、主殺し、親殺し、関所破り等の重罪に適用した。江戸では首を獄門にかけることは行われず、牢舎(ろうしゃ)内で罪人を斬首(ざんしゅ)したのち、首はたいてい浅草小塚原(こづかっぱら)または品川鈴ヶ森の刑場に送られて、台床の上で三日二夜さらされた。[石井良助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごく‐もん【獄門】
〘名〙
① 獄屋の門。牢屋の門。
※江談抄(1111頃)二「不輙入獄門
② 斬罪に処せられた囚人の首を獄屋の門などにさらすこと。梟首(きょうしゅ)。〔文明本節用集(室町中)〕
※随筆・貞丈雑記(1784頃)一六「今時の人梟首(きゃうしゅ)の事を獄門と云也」
③ 江戸幕府の刑罰の一つ。牢内で首を切ったあと、これを俵に入れ、江戸の場合は浅草または品川の仕置場に運び、獄門台の上に首を三日二夜さらすもの。磔(はりつけ)につぐ重刑とされた。
※浄瑠璃・大経師昔暦(1715)中「ふたりの者がはり付なれば玉はごくもん」
④ 人をののしっていう語。
※浄瑠璃・心中天の網島(1720)上「強盗めごくもんめとては蹴飛ばかし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

獄門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

獄門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation