@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

獅子吼高原【ししくこうげん】

世界大百科事典 第2版

ししくこうげん【獅子吼高原】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

獅子吼高原
ししくこうげん
石川県中央部、白山市(はくさんし)鶴来(つるぎ)地区にある高原。金沢市との境の後高(しりたか)山(649メートル)とその山麓を観光開発して名づけたもの。手取(てどり)川扇状地の扇頂部に位置し、扇状地の早場米地帯や日本海を望み、白山、日本アルプスも遠望できる。スキー、ハイキングなど四季を通じて訪客が多い。西麓(せいろく)の八幡(やはた)地区からゴンドラの便がある。県内初の本格的スキー場として開かれ、アスレチック、キャンプ、ハンググライダーにも利用される。獅子吼・手取県立自然公園に属す。[矢ヶ崎孝雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

獅子吼高原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

獅子吼高原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation