@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

獅子島【ししじま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

獅子島
ししじま
鹿児島県西部八代海に浮かぶ小島長島町に属する。全体に山がちの島で,最高点は七郎山 (393m) 。入江が多く,半農半漁の小集落が点在する。産業はイワシ漁業およびブリタラワカメ真珠などの養殖が中心で,ほかに段々畑を利用したサツマイモの栽培も行なわれる。北部,西部の海岸雲仙天草国立公園に属する。片側港より諸浦島 (しょうらじま) の諸浦港,熊本県天草市中田港へ天長フェリーで結ばれる。面積 17.01km2。人口 981 (2000) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

獅子島
三重県度会郡(わたらいぐん)の五ケ所湾奥に位置する無人島ハマジンチョウの本州唯一の自生地として知られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

獅子島
九州、天草諸島天草下島南東、八代海の中ほどに位置する島。面積約17.05平方キロメートル。鹿児島県出水郡長島町に属する。柑橘類の栽培が盛ん。約2億年前に隆起した島とされ、アンモナイトやクビナガリュウの化石が発見されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

獅子島
ししじま

九州本土と天草上島(あまくさかみしま)・下島、および長島に囲まれる八代海(やつしろかい)に浮かぶ小島で、鹿児島県出水(いずみ)郡長島町に属する。面積17.05平方キロメートル。海岸線の出入りが著しく、山がちの地形である。最高点は七郎山(しちろうさん)の393メートル。白亜紀~古第三紀に形成された堆積岩(たいせきがん)類よりなる。アンモナイト、貨幣石、クビナガリュウなどの化石を産する。ブリ・タイの養殖が行われる。北西部海岸は雲仙(うんぜん)天草国立公園に指定されている。島西部の片側(かたそば)港より天草下島の中田港、諸浦(しょうら)島の諸浦港まで、それぞれ船便がある。人口860(2009)。

[塚田公彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

獅子島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

獅子島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation