@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

獅子舞【ししまい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

獅子舞
ししまい
幌(幕)をつけた獅子頭を操るの総称。多くは 2人一組で 1頭の獅子になる二人立ちだが,1人で 1頭となる一人立ちや,囃子の乗る台車で覆って舞うものもある。歴史は古く,8世紀頃に中国から散楽芸能として伝来した二人立ちの獅子が,中央の大寺社で演じられた伎楽行道悪魔払いの先導役として取り入れられ,舞楽の演目にもなって各地に伝播したと考えられてる。今日の獅子舞も,多くは悪魔払いの役割を担っている。伎楽の獅子舞には,師子子(獅子児。ししこ)という獅子をからかう役が 2人ついていたが,その形が島根県隠岐の島町にある隠岐国分寺の蓮華会の舞楽と,大阪府大阪市にある四天王寺の聖霊会の舞楽(→天王寺舞楽)に残っており,各地の祭礼でもサルや猩々(しょうじょう),子供などが獅子のからかい役として登場する例は多い。一方,中世以降,修験者が自分の檀那場(縄張り)で獅子頭を御神体として舞わせることが行なわれ,東北地方では権現様と呼ばれる獅子頭が村々を回って舞う行事が見られる。近世には獅子頭を伊勢の神として奉じた太神楽が,曲芸的な演目を含めた獅子舞を演じながら全国を回り,各地にその形を残している。正月門付芸としての獅子舞も太神楽を起源とする。これらとは別に一人立ちの獅子があり,関東地方を中心に見られる三匹獅子や新潟県の角兵衛獅子(→越後獅子)などがある。台車を幌で覆う大きな獅子舞には,長野県飯田市の大宮諏訪神社で寅年と申年の 3月に行なわれるお練祭り(おねりまつり)の屋台獅子などがある。(→虎舞

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しし‐まい〔‐まひ〕【×獅子舞】
獅子頭をかぶって舞う民俗芸能大陸から伝わった伎楽系の二人立ちのものと、日本に古くからある風流(ふりゅう)系の一人立ちのものとがある。信仰的には五穀豊穣・悪魔祓(あくまばら)い・雨乞(あまご)いなどを目的とする。 新年》「吹かれつつ―とゆく伊良胡岬/林火
能の舞事(まいごと)の一。獅子の舞い狂うさまを写した急調子の舞。「石橋(しゃっきょう)」「望月(もちづき)」などにある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

獅子舞
日本各地で、正月やお祭の時に行われる、獅子頭を頭にかぶって舞う民俗芸能の事です。現在では日本全国地方によって様々ですが、主にお正月などの縁起の良い日に行われます。疫病退治・悪魔払いをするものとして大衆に広く信じられています。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

ししまい【獅子舞】
獅子頭(ししがしら)(おもに木彫)をかぶって舞い,踊る民俗芸能。日本の芸能の中でもっとも古い歴史をもち,また様式や芸態の変化の少ないものである。猪(いのしし),鹿(かのしし)など獣類の頭をつける獅子舞は,《古事記》には弘計(おけ)王が鹿の角を捧げて舞ったこと,《万葉集》には鹿擬態を示唆する歌がある(後述)など,その来歴はきわめて古い。一方,獅子は古代の日本人にとって未見の動物であり,最強の獣との伝聞的認識と,仏教浄土の守護獣として悪霊を払う霊獣という信仰的認識により早くから広く国民的支持を得ていたと考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ししまい【獅子舞】
獅子頭ししがしらをかぶって演ずる芸能。一人の人間が頭に獅子頭をいただいて舞う風流ふりゆう系統のものと、二人以上の人間が獅子のほろに入って舞う伎楽系統のものに大別される。 [季] 新年。
能楽で、獅子の遊ぶさまに擬した急調の舞。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

獅子舞
ししまい
獅子頭(ししがしら)をかぶって舞う神事的な民俗芸能。獅子頭はおもに雄の獅子の頭をかたどった木製の作り物であるが、トラ、シカその他の場合もある。上古の日本人にとって獅子は現実の動物ではなかったが、空想上の威力ある聖獣であり、除魔招福の信仰の対象であった。獅子舞には渡来脈と固有脈があると考えられ、渡来脈を「二人立(ふたりだち)」、固有脈と目されるものを「一人立」という。二人立は6世紀なかばから7世紀にかけて、大陸から伎楽(ぎがく)とともに伝来したと推定される。752年(天平勝宝4)の東大寺大仏開眼供養に用いられた獅子頭が正倉院に伝存するが、今日の太神楽(だいかぐら)の獅子頭と形状的に大差がない。また7世紀なかばに伝来した舞楽(ぶがく)では、御願供養舞の一演目として演じられており、今日でも大阪四天王寺の聖霊会(しょうりょうえ)舞楽の四箇(しか)法要などにうかがえる。平安期以降は、祭礼の練り風流(ふりゅう)の一つとして、また田楽(でんがく)、神楽などに取り入れられて今日に至っている。[西角井正大]

二人立の獅子舞

1人が頭部と前肢、もう1人が尻(しり)部と後肢を受け持って1頭をなす形式の獅子舞で、胴体は幌(ほろ)である。『教訓抄』には五色の毛があると記され、『年中行事絵巻』では幌に毛が列状に配してあり、『信西古楽(しんぜいこがく)図』では縫いぐるみである。今日、九州の一部や沖縄には中国風に縫いぐるみ式のものがあるが、そのほかは幌式である。
 この形式は全国各地にみられるが、太神楽系がもっとも普及している。「伊勢太神楽(いせだいかぐら)」は、三重県桑名市太夫(たゆう)町に本拠を置く職能的な二人立獅子舞で、祈祷(きとう)の神事舞と奉納神楽、それに余興的な放下芸(曲芸)からなる。「江戸太神楽」は、寿(ことぶき)獅子という祈祷の舞のほかは曲芸で、以前は茶番も演じた。
 幕末以降、中部地方には、余興芸として歌舞伎(かぶき)を取り込んだ「獅子芝居」(女主人公を獅子が演じ、「嫁芝居」ともいう)も生まれた。今日の獅子芝居は非職能であるが、一般に非職能の獅子舞は祈祷の神事舞あるいは奉納神楽的な舞しか演じない。雌雄2頭出るケースも少なくなく、また獅子と絡む獅子あやしが出ることもある。なお、成年式など村落民が参加することに意義があるとする場合には、1頭の幌の中に数人ないし数十人も入ることがある。山伏神楽として知られる岩手県の「早池峰(はやちね)神楽」は多様な芸能をもつが、獅子神楽に分類されるように、「権現舞(ごんげんまい)」とよばれる祈祷の獅子舞に中心がある。東北地方にはこの系譜のものが多く、権現さまとよぶ獅子頭は神である。なお、虎頭・虎胴の「虎舞」も若干ある。[西角井正大]

一人立の獅子舞

1人で1頭をなし、多くの場合、腹に小型の太鼓をつけて打ちながら舞うが、3頭で1組をなすものと、おもに8頭で1組をなすものとがある。藩主の移封などによって西日本に伝わった例外はあるが、東日本にのみ存在する形態である。
 3頭1組のものは、男(お)獅子、女(め)獅子、中(なか)獅子などとよばれる3頭で構成され、「三頭(匹)獅子舞」「風流(ふりゅう)獅子舞」という。道化の獅子あやしが出ることが多い。関東を中心に甲信越、また福島県など東北地方の一部に及ぶ。「ささら」とよぶ土地もあり、夏祈祷として舞われるケースが多い。『幣掛(へいかかり)』『弓掛』『剣掛』などのほか、『女獅子隠し』などという曲目がよく演じられる。普通、笛の伴奏がつき、獅子歌もある。頭は獅子だけでなく、竜、イノシシ、カモシカ、クマなど地域の特性によって一様ではない。
 八頭式は東北地方固有である。「獅子踊」または「鹿踊」とも書くが、鹿(しし)はカノシシ(シカ)のシシである。8頭は中立(なかだち)と雌ジシのほか6頭の側(がわ)ジシからなる。岩手県奥州(おうしゅう)市の「梁川(やながわ)鹿踊」のように、大ぶりの締太鼓を下腹部につけて打ちながら踊る太鼓踊型と、同県遠野(とおの)市の「青笹(あおざさ)獅子踊」のように、身体の前面に大きな幕をかけてそれを翻して踊る幕踊型に大別される。後者では太鼓打ちを別に置く。頭は権現風にデフォルメされたものがほとんどで、角(つの)は太鼓踊型が本物の鹿の角を、幕踊型が板の作り物を用いる。円陣や方陣を形づくって踊り、シシ歌もあり、やはり『雌ジシ隠し』の曲がある。盆や年忌供養に踊られることが多い。
 一人立は古い資料に乏しく、歴史を特定しにくい。『万葉集』巻16の「乞食人詠(ほかいびとのうた)」などにかすかな根拠が求められ、『北野天満宮御祭絵巻』によって室町期の存在が確認される程度であるが、今日の一人立との関連を論証するに至らない。有名な新潟県月潟(つきがた)村(現新潟市南区)の「角兵衛獅子」も、もともと二人立か一人立か不詳である。太神楽系の獅子舞は陰陽道(おんみょうどう)の、山伏神楽系の権現舞と一人立の獅子舞は修験道(しゅげんどう)の、俗聖(ぞくひじり)たちが唱導した可能性が強い。
 なお、獅子舞(二人立)、あるいはこれに準ずる芸能は、中国、朝鮮をはじめ東アジアの各地に伝承している。[西角井正大]
『「民俗芸術三ノ一・獅子舞号」(1930/民俗芸術の会復刻『民俗芸術5』所収・1973・国書刊行会) ▽古野清人著『民俗民芸双書32 獅子の民俗』(1968・岩崎美術社) ▽本田安次著『延年』(1974・木耳社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しし‐まい ‥まひ【獅子舞】
〘名〙
① 獅子頭(ししがしら)をかぶって行なう舞。また、それを舞う人。唐から伝わり、多く一人、あるいは二人、また三人で舞う。伎楽、舞楽で用いられたが、のち太神楽(だいかぐら)などで行なわれる。五穀豊穰の祈祷や悪魔を払い清めるものとして、今日でも各地の祭礼行列に行なわれている。
※米沢本沙石集(1283)五末「女院の御所に、しきしまと云雑仕と法師と二人かづきて師子舞(シシマイ)をして、御衣をもちて狂まゐりてけり」
② 特に、新年の祝い事の一つとして、獅子頭をかぶり、笛・太鼓・鉦(かね)などではやして家々を舞い歩き、米や銭などを請うもの。《季・新年》
※俳諧・七番日記‐文化八年(1811)一月「獅子舞や大口明て梅の花」
※湯葉(1960)〈芝木好子〉「東京の下町は獅子舞や恵方万歳の太鼓や鼓で正月の訪れが始まるのだった」
③ 能楽の囃子(はやし)による舞事(まいごと)の一つ。大鼓、小鼓、太鼓と笛の伴奏によって石橋(しゃっきょう)・望月・内外詣(うちともうで)にある舞で獅子の舞い狂うさまをかたどった豪華絢爛な急調子の舞。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

獅子舞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

獅子舞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation