@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

獅子頭【シシガシラ】

デジタル大辞泉

しし‐がしら【×獅子頭】
獅子舞に使用する、木製獅子頭部をかたどったもの。広義には猪(いのしし)・鹿(しか)をかたどったものも含む。 新年》
金魚の品種で、頭に肉こぶがあるもの。オランダシシガシラランチュウなど。 夏》
シシガシラ科の常緑多年生のシダ。林下に生える。羽状の切れ込みのある葉が束生し、若い栄養葉は赤みを帯びる。胞子葉は柄が長い。むかでぐさ。
1を小さく作った玩具。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

獅子頭
 獅子舞[ししまい]に使う、木でつくった獅子の頭のことです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ししがしら【獅子頭】
古くは〈師子〉と書くことが多く,伎楽面行道面一種と考えられる。獅子は本来的には中国で成立した破邪霊獣で,その起源が,より西方猛獣であることはいうまでもない。獅子はやがて社殿を守護する獅子狛犬(狛犬)の彫刻ともなり,一方で楽舞用の伎頭となったのである。伎頭としての師子は多く木製で,現存最古例は正倉院の伎楽面中に見ることができる。眼をいからし,耳を立て,鼻孔を開いたすさまじい表情で,一材の頭部に別製の下顎,耳を取り付け,それぞれが動くように工夫されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

獅子頭
ししがしら

獅子の頭に模した作り物で、祭礼のお練りや芸能に用いられる。概して木製で、赤・金・黒の漆塗りが多い。6世紀なかばに伎楽(ぎがく)とともに大陸から渡来したらしく、正倉院には大仏開眼供養(752)に用いられたものが残る。古来より除魔の聖獣とされた獅子の擬装擬態のために多くの獅子頭がつくられてきた。太神楽(だいかぐら)のものは正倉院のと大差なく雄獅子型で、東北地方では権現(ごんげん)とよび、型がやや異なる。太鼓踊式の三匹獅子舞のは小ぶりで、竜頭(たつがしら)もある。鹿踊(ししおどり)用のものは独特な権現頭に鹿(しか)の角(つの)がつく。能の『石橋(しゃっきょう)』は獅子口(ししぐち)の面、舞踊の『鏡獅子(かがみじし)』は毛頭のみで、能『望月(もちづき)』や舞踊『執着獅子(しゅうじゃくじし)』では扇2本を重ねた扇獅子をかぶる。ほかに手に持つ手獅子がある。

[西角井正大]

玩具

神楽や、祭礼行事などに登場する獅子舞の、獅子の頭を小さくつくった郷土玩具(がんぐ)。唐獅子(からじし)形式のものを主とし、竜頭(たつがしら)や鹿(しか)に近い形式のものもある。獅子は悪疫災禍を退散させる霊獣として、さらに雨乞(あまご)いや正月の門付にまで用いられ、子供たちにも親しまれて、これを小さく玩具化したものが江戸時代につくられた。1773年(安永2)刊の玩具絵本『江都二色(えどにしき)』には、弓獅子、お獅子ぱくぱくの2種が当時の流行玩具として掲載されている。弓獅子は、現在の埼玉県鴻巣(こうのす)市の産物と同工である。全国各地に、それぞれの郷土芸能を反映した木、土、練り物製などの各種の獅子頭が生まれた。木製では山形県酒田市、石川県金沢市(白木作り)、張り子製では香川県高松市、熊本県宇土市、練り物製は鴻巣の獅子頭が代表的なものである。

[斎藤良輔]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

獅子頭 (シシガシラ)
学名:Blechnum niponicum
植物。シシガシラ科の常緑多年草

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しし‐がしら【獅子頭】
〘名〙
① 獅子の頭。
(イ) 獅子舞に用いる、木製の獅子の頭。獅子。
※大観本謡曲・望月(1586頃)「折こそよしとて脱ぎ置く獅子頭、又は八撥(やつばち)を、打てや打てと」
(ロ) 神社で、狛犬(こまいぬ)と対にして置かれている獅子の頭。
※俳諧・曠野(1689)八「古宮や雪しるかかる獅子頭〈釣雪〉」
② =ししまい(獅子舞)《季・新年》
※増鏡(1368‐76頃)一一「舞楽、田楽、ししがしら、流鏑馬(やぶさめ)など、さまざま所にしつけたる事どもおもしろし」
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)一「名にしおふ、鎌倉山の星兜、とっぱい頭(がしら)しし頭」
④ 大棟の両端にある鬼板・獅子口をいう。獅子置(ししおき)
※匠明(1608‐10)門記集「獅子頭成は柱と同し。上は弐分高配に〆、幅は成のべにすへし。下は弐分はちかりにすへし。上かど棟ともゑ三つ〆、中にたすき弐つ。脇にもすへし」
⑤ 金魚の頭部にできた肉質のこぶの称。獅子の面をつけたようにみえる。主にランチュウにみられるので、ランチュウそのものの異名ともなる。また、ランチュウ以外でもこのようなこぶの生ずる品種があり、オランダシシガシラ、アズマニシキなどはその例。
※さい果て(1964‐71)〈津村節子〉四「蘭鋳の稚魚は〈略〉もし色づいてきて獅子がしらとよばれる肉瘤が盛り上ってくるようになったら」
⑥ シダ類ウラボシ科の常緑多年草。各地の山地の林の下などに生える。葉は多数叢生し、二型葉で栄養葉と胞子葉からなる。若葉は淡紅色を帯び、その基部には褐色の線形の鱗片が密生する。栄養葉は長さ三〇~四〇センチメートル、幅四~六センチメートルの倒披針形で、多数の線形の羽片に分かれる一回羽状複葉。胞子葉は柄が長く直立し、羽片は栄養葉より小さく、ややまばらにつき、裏面に胞子嚢群を生じる。むかでぐさ。やぶそてつ。いわしぼね。おさば。〔日本植物名彙(1884)〕
⑦ ツバキの園芸品種。花は八重咲きで、小~中輪。花色は桃色、葉は小形でやや薄い。樹勢は弱く切花用に使われる。
⑧ 郷土玩具の一つ。獅子舞に用いる獅子頭を小さく作ったもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

獅子頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

獅子頭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation