@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

玄学【げんがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

玄学
げんがく
Xuan-xue
中国,時代におもに流行した学風。三ともいう。当時は,社会的生活を離れて,学理,芸術,人物評価などを論議するいわゆる清談が盛んに行われたが,その学面では『老子』『荘子』『易』を題材として,真存在,真理などに関する抽象的議論が尊ばれた。これが玄学である。その代表者には何晏 (かあん) ,王弼 (おうひつ) らがあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げん‐がく【玄学】
奥深い学問。特に、老荘などの道家の思弁的学問や仏教哲学をいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんがく【玄学 Xuán xué】
中国,魏・晋時代に盛行した《老子》《荘子》《周易》に基礎をおく哲学。これらの書物は〈三玄〉とよばれた。前漢末の揚雄や後漢末の荆州群雄である劉表(りゆうひよう)のもとにさかえた学団にその起源はもとめられるが,確立者は魏の何晏(かあん)や王弼(おうひつ)たちである。何晏は《論語》の注釈を,王弼は《老子》および《周易》の注釈を著し,天地万物の本体を〈無〉にもとめる形而上学の立場から,漢代の儒学にかわる哲学を樹立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんがく【玄学】
深遠な学問の意から
老荘の学。「老子」「荘子」に「易経」を加えて三玄の学ともいう。老荘思想を以て儒教経典を解釈する学問で、魏晋南北朝時代に仏教とともに隆盛をみた。魏の王弼おうひつや何晏かあん、晋の郭象らの学問。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

玄学
げんがく
中国の六朝(りくちょう)、とくに魏(ぎ)・晋(しん)の時代(220~420)に流行した『老子(ろうし)』『荘子(そうじ)』『易(えき)』の3書を尊崇する学風。この三書は「三玄」(北斉(ほくせい)の顔之推(がんしすい)著『顔氏家訓』勉学篇(へん))ともよばれた。玄学の「玄」は、『老子』首章に、道は「玄の又玄、衆妙の門なり」とあるのに由来する。玄学は初め、三国時代魏の正始(せいし)(240~248)のころ、何晏(かあん)や王弼(おうひつ)が『老子』や『易』の思想を好み、その注釈をつくって宣揚したことに始まる。のちには阮籍(げんせき)、稽康(けいこう)、向秀らが出て、『荘子』を重んずるようになった。玄学の特色は、単に『老子』や『荘子』の道家思想を重んずるだけでなく、儒家の経典である『易』も尊び、儒家と道家の二つの思想を調和融合させて、両者に共通する普遍的な道を求めるところにある。この態度は、漢代に儒教だけが国教として特別に尊重されたのに反発して、魏・晋の知識人がさまざまな思想や価値を認めようとした風潮の一つの表れである。注釈の仕方においても、漢代の訓詁(くんこ)学が語句の字義や典故に拘泥するのに対して、玄学家の注釈では語句の表面上の意味よりも、思想の本質を解明しようとする態度が重んぜられた。[小林正美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん‐がく【玄学】
〘名〙 老荘の学などの幽玄な学問。転じて、学問を修学する者。
※懐風藻(751)釈弁正伝「弁正法師者、〈略〉少年出家、頗洪玄学」 〔北史‐羊烈伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玄学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玄学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation