@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

玉城朝薫【たまぐすくちょうくん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

玉城朝薫
たまぐすくちょうくん
[生]貞享1(1684). 琉球,首里
[没]享保19(1734)
琉球の代表的な宮廷舞踊家。玉城間切の惣地頭向(しょう)氏の家に生まれた。唐名向受祐。薩摩藩江戸幕府に対する琉球の慶賀使謝恩使にたびたび随行して,日本文学に親しみ,能楽などの芸能を見聞,吸収した。正徳5(1715)年琉球の宮廷舞踊の長である踊奉行に任じられ,享保4(1719)年に中国,清朝冊封使をもてなすため,組踊を創作し上演した。これは歌とせりふと踊りからなる舞踊劇で,朝薫作の『二童敵討』『執心鐘入』『銘苅子(めかるしー)』『孝行』『女物狂』の 5曲は特に組踊中の傑作とされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たまぐすく‐ちょうくん〔‐テウクン〕【玉城朝薫】
[1684~1734]琉球の官人・舞踊家。中国の冊封使(さくほうし)を歓待するため、踊奉行として組踊(くみおどり)を創作した。作品に組踊五番「執心鐘入」「二童敵討」「女物狂」「孝行の巻」「銘苅子(めかるしい)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

玉城朝薫 たまぐすく-ちょうくん
1684-1734 琉球の舞踊家。
尚貞王16年8月2日生まれ。玉城間切(まぎり)の総地頭職をつぎ,王府につかえる。1718年踊奉行に再任され,組踊(くみおどり)を創始し,翌年清(しん)(中国)の冊封使歓迎の御冠船踊(おかんせんおどり)ではじめて演じた。創作した「二童敵討」「執心鐘入」「銘苅子(めかるしい)」「女物狂」「孝行の巻」を組踊五番という。尚敬王22年1月26日死去。51歳。唐名は向受祐(しょう-じゅゆう)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たまぐすくちょうくん【玉城朝薫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

玉城朝薫
たまぐすくちょうくん
(1684―1734)

沖縄の楽劇「組踊(くみおどり)」の創始者、音楽家。貞享(じょうきょう)1年8月2日、首里儀保村(ぎぼむら)(現那覇市)で、玉城里之子朝致(さとのしちょうち)と章氏野国(しょううじのぐに)親方正恒(せいこう)の娘真鍋(まなべ)の長男として生まれる。生家は尚真王第3子今帰仁(なきじん)王子朝典(ちょうてん)を始祖とし、彼は10世にあたる。誕生後まもなく母は離別され、4歳のとき父が死去、その後は祖父の玉城親方朝恩(ちょうおん)に養育されたが、8歳のとき祖父も死亡、跡目を継いで玉城間切(まぎり)総地頭職、知行(ちぎょう)40石を授けられた。12歳で御書院小赤頭となって城中に出仕。20歳のおり美里(みさと)王子朝禎(ちょうてい)に従って薩摩(さつま)に上ったのを最初に、在職中に薩摩および江戸に7回の長期出張を行った。同時に芸術的才能にも恵まれて、多くの芸術作品の創造や継承に積極的に取り組んだ。

 1715年(正徳5)5月と18年(享保3)8月の2回踊奉行(ぶぎょう)に任じられたが、江戸や薩摩で見た浄瑠璃(じょうるり)や能狂言などの劇的構成と展開に魅せられた彼は、ここに組踊という沖縄独特の楽劇を創作した。19年の尚敬王冊封(さくほう)式典後の重陽(ちょうよう)の宴で演じられた組踊『二童敵討(にどうてきうち)』と『執心鐘入(しゅうしんかねいり)』は、従来の単調な御冠船踊(おかんせんおどり)に一大変革をもたらした。続いて『銘苅子(めかるしい)』『女物狂(おんなものぐるい)』『孝行の巻』を書いて組踊を完成させた。また古典女踊を創作したといわれるが、これは伝承の域を出ていない。享保(きょうほう)19年1月26日没。

[當間一郎]

『源武雄著「玉城朝薫」(『近世沖縄文化人列伝』所収・1969・沖縄タイムス文化事業局出版部)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

玉城朝薫 (たまぐすくちょうくん)
生年月日:1684年8月2日
江戸時代中期の琉球王国の宮廷演劇「組踊」の大成者
1734年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉城朝薫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玉城朝薫の関連情報

関連キーワード

マサチューセッツ貞享ル・ブラン稲葉正休岡村十兵衛堀田正俊金鍔元禄時代耳搔き稲葉正休

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation