@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

玉手箱【タマテバコ】

デジタル大辞泉

たま‐てばこ【玉手箱】
美しい手箱。特に、浦島太郎が、竜宮の乙姫(おとひめ)からもらって帰ったという箱。
秘密にして、容易には人に見せない大切なもの。
(比喩的に)すばらしいもの、珍しいものが多くあることをいう。「工芸館は技術の美の玉手箱

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たまてばこ【玉手箱】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たまてばこ【玉手箱】
浦島太郎が、竜宮の乙姫から贈られた箱。開いてはならないという禁を破って開き、浦島は老人となった。
軽々しく開いてはならない大切な箱、の意から 秘密にして人にあかさない大切なもの。
何が出てくるかわからないもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

玉手箱
たまてばこ
昔話。異郷から得た不思議な力をもつ道具を主題にした宝物譚(たん)の一つ。竜宮(水中の異郷)を訪問した土産(みやげ)にもらってくる宝物で、宝物の種類により、それぞれ独立した類型の昔話として扱われている。玉手箱は「浦島太郎」の物語で知られている。竜宮の乙姫(おとひめ)から開けてはならないといって渡された玉手箱を開けると、中から白い煙が出て、太郎は急に老人になったという。異郷と現世との時間の単位の違いが玉手箱の中に込められていたような語り方であるが、本来は、霊魂を身体の外に置くことによって不死身を得るという外魂(がいこん)の信仰を基盤にした話で、おそらく玉手箱は外魂の入れ物であろう。奈良時代の『丹後国風土記(たんごのくにふどき)』(逸文)の水江(みずのえ)の浦の嶼子(しまこ)の物語にも、「玉匣(たまくしげ)」(りっぱな櫛(くし)入れ。女性の化粧道具入れ)としてみえる。ほかに、竜宮から聴耳(ききみみ)の玉などをもらってくる「聴耳」、不思議な子供や犬をもらってくる「竜宮童子」などの昔話もある。『古事記』『日本書紀』にみえる「海幸山幸(うみさちやまさち)」の物語では、竜宮で山幸が、潮満つ玉と潮干る玉という潮の干満が自在にできる宝物をもらってきて、兄の海幸を降伏させる話になっている。岩手県奥州(おうしゅう)市などには、竜宮から雨を降らせる玉をもらってきた話がある。これらは水神の世界から水を支配する宝物を得る物語である。竜王の娘と結婚していた漁夫が、開けるなといって竜女から渡された宝箱を開けたために竜宮に帰れなくなったという話は朝鮮にもあり、『今昔(こんじゃく)物語集』に和訳されている『大唐西域記(だいとうさいいきき)』の竜宮伝説にも宝剣入れの箱がみえ、和文では「玉の箱」とある。玉手箱のイメージは中国の説話を経由して形成されたものである。竜宮など超自然的な世界から不思議な宝物をもらう話は東アジアをはじめ諸国にも知られており、昔話を構成する重要な要素になっている。[小島瓔

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たま‐てばこ【玉手箱】
〘名〙
① (「たま」は美称) 美しい手箱。特に、丹後国の浦島が龍宮の乙姫からもらって持ち帰ったという箱。あけてはならないという乙姫の戒めを破って箱をあけたところ、中から白い煙が出て、浦島はたちまち白髪の老人に化したという。
※書陵部本拾遺愚草(1216‐33頃)上「玉てはこあくれば夢のふたみがたふたりや袖の浪にくちなん」
※俳諧・野ざらし紀行(1685‐86頃)「母の白髪おがめよ、浦島の子が玉手箱、汝がまゆもやや老たり」
② (転じて) 秘密にして容易に人に明けて示さないもの。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生と赤い月「複雑不可解に見えるものだって、〈略〉その玉手箱の内容は案外驚くべく簡単なからくりにすぎず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

玉手箱
たまてばこ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
嶺琴八十助
初演
万延1.9(京・東芝居)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉手箱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玉手箱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation