@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

玉泉山【ぎょくせんざん】

世界大百科事典 第2版

ぎょくせんざん【玉泉山 Yù quán shān】
中国,北京市の西郊にある山。この山に湧きでる泉は澄明で,玉のごとしと称せられ,玉泉池,玉泉山の名称の由来となった。乾隆帝は〈天下第一泉〉と称賛した。頤和(いわ)園(万寿山)の昆明湖水源となっており,それより下流は,元代には金水河と呼ばれ,北京城内に入って紫禁城の周囲をめぐる御河に注いでいた。金代から清代まで,北京への水運路であるとともに,北京の民間用水の源の一つでもあった。玉泉山には金代に行宮(あんぐう)が建てられ,元・明代には昭化寺,華厳寺が建立され,清の康熙年間(1662‐1722)澄心園(のち静明園と改称)が作られるなど,帝王貴族の保養の勝地とされてきた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

玉泉山
ぎょくせんざん / ユイチュワンシャン

中国、北京(ペキン)市西郊の丘。名勝地頤和園(いわえん/イーホーユワン)の西にある。麓(ふもと)には水質のよい泉が湧出(ゆうしゅつ)し、玉河となって昆明(こんめい)湖に注ぐ。以前はさらに積水潭(せきすいたん)から皇城内に入って太液池に注ぎ、市民の飲料水ともなった。名称はこの泉にちなむ。市民の行楽地となっており、清(しん)朝の乾隆帝(けんりゅうてい)の天下第一泉碑や毛沢東(もうたくとう/マオツォートン)の墓苑(ぼえん)がある。

[船越昭生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉泉山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玉泉山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation