@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

玉湯【たまゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

玉湯
たまゆ
島根県東部松江市南西部の旧町域。宍道湖の南岸にある。 1959年町制。 2005年松江市,鹿島町,島根町,美保関町,八雲村,宍道町,八束町の7市町村と合体して松江市となった。町名は旧村名の玉造と湯町の合成玉造温泉があり,観光が重要な収入源。松江市の市街地に接続して宅地化が進んだ。東部の華仙山 (花仙山,199m) は瑪瑙 (めのう) の産地で,特に青瑪瑙は有名。湯町では玉髄を産し,布志名には明和1 (1764) 年に始まる「布志名焼」の窯元がある。出雲玉作跡徳連場古墳岩屋寺跡古墳などの史跡がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

玉湯
たまゆ

島根県北東部、八束郡(やつかぐん)にあった旧町名(玉湯町(ちょう))。現在は松江市の南西部を占める地域。玉造(たまつくり)温泉がある。宍道(しんじ)湖南岸に位置する。1905年(明治38)玉造、湯町(ゆまち)の2村が合併して玉湯村となり、1959年(昭和34)町制施行。2005年(平成17)松江市に合併。湖岸沿いをJR山陰本線と国道9号が通じる。また山陰自動車道の松江玉造インターチェンジがある。

 東部の花仙山(200メートル)は古くからの、めのうの産地。山麓(ろく)には弥生(やよい)時代から奈良・平安時代の出雲(いずも)玉作(たまつくり)跡(国史跡)があり、周辺には徳連場(とくれんば)古墳、岩屋寺跡古墳(ともに国史跡)など古墳が多い。また玉造部の祖を祀(まつ)る玉作湯神社があり、一帯は史跡公園として整備され、園内に出雲玉作資料館がつくられている。玉湯川に沿う玉造温泉は山陰を代表する温泉として知られる。玉造温泉を中心とした観光関連産業に従事する人が多く、また松江市街地に近いため、近年では住宅地化が進んでいる。布志名(ふじな)焼を特産する。

[飯田 光]

『『玉湯町史』2巻(1961、1982・玉湯町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉湯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玉湯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation