@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

玉珧【タイラギ】

デジタル大辞泉

たいらぎ〔たひらぎ〕【玉珧】
ハボウキガイ科の二枚貝。貝殻は三角形で、殻長約20センチ。殻表は緑褐色で半透明。内湾の泥底に殻頂を突き刺して立っている。貝柱は大きく、食用。たいらがい。 冬》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たいらぎ【玉珧】
海産の二枚貝。貝殻の長さは約25センチメートル、形は少し開いた扇に似、薄くもろい。色は淡緑褐色。大きな貝柱は鮨種すしだねとされる。浅海の砂泥に突きささるようにして立つ。関東から九州まで分布。タイラガイ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

玉珧 (タイラギ)
学名:Atrina pectinata
動物。ハボウキガイ科の二枚貝

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいらぎ たひらぎ【玉珧】
〘名〙 ハボウキガイ科の大形の二枚貝。東京湾以南の潮下帯の水深一〇メートルまでの砂泥底にすむ。殻長三五センチメートルにもなる。殻は細長い三角形を呈し、薄くてもろい。外面は淡緑褐色で殻頂から放射状のすじが走り、その上に多くの鱗状突起列がある。内面は黒く真珠光沢を帯びる。肉は割合に小さいが、貝柱は白色で大きく、すし種など上等の食品になる。たいらがい。えぼしがい。《季・冬》
※御伽草子・武家繁昌(室町時代物語集所収)(室町末)上「おさまる御代のしるしとて、天がしたはたいらぎや、その外名を得たる魚ども」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉珧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玉珧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation