@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

玉眼【ぎょくがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

玉眼
ぎょくがん
仏像の目に水晶を入れたもので,眼球の部分をくりぬき,内側から水晶を当ててを描き,当て木で押える方法をとる。鎌倉時代以降多用され,玉像であれば鎌倉時代の制作とみる傾向が強いが,仁平1 (1151) 年長岳寺蔵『阿弥陀三尊像』,久寿1 (54) 年銘の峰定寺蔵『毘沙門天立像』,応保2 (62) 年の成身院旧蔵の『毘沙門天立像』などは平安時代後期の作例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎょく‐がん【玉眼】
仏像などの眼(め)に水晶などをはめこんだもの。また、その技法。彫眼(ちょうがん)にかわって鎌倉時代以後一般化した。
高貴な人の目。また、女性の美しい目。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎょくがん【玉眼】
彫像に用いられる水晶製の眼。眼球の部分をくりぬいて頭部内の内ぐりと貫通させ,内側から凸レンズ状の水晶の裏に瞳を描き,後ろに綿か紙を当てて白眼の部分とし,全体を当て木で押えて竹釘で留める。彫眼に対して独特な写実的効果をあげる。仁平1年(1151)の銘をもつ奈良長岳寺阿弥陀三尊像を初例とし,平安時代末期に始まり鎌倉時代以降,時代の写実的な美意識に支えられて盛んに用いられた。中国には同様の技法は知られない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

玉眼
ぎょくがん

仏像の眼部に水晶をはめ込んで、実際の人間の眼(め)に近い輝きをもたせたもの。彫像の頭部を、像自体の矧(は)ぎ目とは別に、面部を割り離し、面部の内側を刳(く)って眼に穴をあけ、レンズ状に磨いた水晶の薄片を当て、内側に瞳(ひとみ)を描いた絹や紙をあてがって綿で押さえ、さらに木片で押さえる。この当て木は周囲から竹針で止めるが、漆で接着した例もある。玉眼は運慶(1223没)の創案ともいうが、それ以前、1151年(仁平1)の奈良・長岳寺阿弥陀(あみだ)三尊にすでに使用されている。俗説としてガラスを使ったともいうが、ガラスを使用した例は近世のごくわずかな例を除いてはない。

[佐藤昭夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

玉眼 (タマメ)
動物。

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょく‐がん【玉眼】
〘名〙
① 水晶、珠玉、ガラスなどを細工して、彫像や人形などにはめ込んだ目。
※俳諧・佐夜中山集(1664)一「玉眼といふべき露や仏の座〈元定〉」
② (「玉」は美称) 高貴な人の目。また、女の美しい目。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉眼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玉眼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation