@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

玉軸受【たまじくうけ】

世界大百科事典 第2版

たまじくうけ【玉軸受】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

玉軸受
たまじくうけ
ball bearing

ころがり軸受の一種で、ボールベアリングともいう。保持器によって保持された玉が、内輪と外輪の間にはめ込まれている。軸はボールを介して支えられることになるため摩擦が少なく、軸の回転が円滑に行われる。身近な例では、自転車の車輪を支えている軸の部分などに使用されている。軸方向に対して垂直の力を支えるものをラジアル玉軸受、軸方向の力を支えるものをスラスト玉軸受という。

[中山秀太郎・清水伸二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たま‐じくうけ ‥ヂクうけ【玉軸受】
〘名〙 それぞれ回転する二つの部材の間に多数の金属球をはさんで、運動に際しての摩擦を減少させる軸受け。部材の一方は回転軸に固定し、他方を支持する。玉入軸受。ボールベアリング。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉軸受」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玉軸受の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation