@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

玉里【たまり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

玉里
たまり
茨城県中部,小美玉市南西部の旧村域。霞ヶ浦北端部に位置する。 1955年田余村と玉川村が合体して成立。 2006年小川町,美野里町と合体して小美玉市となった。米作を主とし,レンコンが特産。養豚,内水面漁業も行なわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

玉里
たまり

茨城県中部、新治郡(にいはりぐん)にあった旧村名(玉里村(むら))。現在は小美玉市(おみたまし)の南西部を占める地域。旧玉里村は、1955年(昭和30)田余(たあまり)、玉川の2村が合併して成立。2006年(平成18)小川、美野里(みのり)2町と合併して市制施行、小美玉市となった。霞ヶ浦(かすみがうら)の高浜入(たかはまいり)に臨み、台地と沿岸低地よりなる。国道355号が通じる。JR石岡駅と結ばれていた鹿島(かしま)鉄道は2007年に廃止された。近世は水戸藩領に属した。玉川農協の提唱した米プラスアルファ方式により米作と養豚、酪農、蓮根(れんこん)、果樹などいずれか一つを組み合わせた農業経営で有名。霞ヶ浦ではエビ、コイ、ワカサギなどの魚獲がある。北西部の台地に工業団地があり、プラスチック、鉄鋼などの工場が立地し、石岡市に続く工業化と都市化がみられる。

[櫻井明俊]

『『玉里村史』(1975・玉里村)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉里」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玉里の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation