@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

王党派【おうとうは】

世界大百科事典 第2版

おうとうは【王党派】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

王党派
おうとうは
Royalists
イギリスのピューリタン革命における国王支持派。騎士党キャバリアーズCavaliers)ともいう。1641年、「大諫議書(だいかんぎしょ)」の採択をめぐって長期議会が分裂した結果、王党派と議会派とが形成された。王党派には、北西部を地盤とする貴族、大土地所有者が多かったといわれ、彼らはチャールズ1世の甥(おい)ルパートRupert王子などを中心として内戦を戦ったが敗北し、その多くが土地や財産を没収された。しかし、王党派はその後エドワード・ハイドEdward Hyde(後のクラレンドン伯)を中心として大陸亡命中のチャールズ2世のもとに集まり、再起のときを待った。そしてクロムウェル独裁下で議会派内部の対立が深まると、ハイドは反クロムウェル派との和解を進め、王政復古の準備を整えた。王政復古ののち、王党派を中心として「騎士(キャバリアー)議会」が開かれたが、内戦中に失った財産を回復できずに没落した者も多かった。(書籍版 1985年)[小泉 徹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王党派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

王党派の関連情報

他サービスで検索

「王党派」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation