@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

王安石【おうあんせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

王安石
おうあんせき
Wang An-shi; Wang An-shih
[生]天禧5(1021)
[没]元祐1(1086)
中国,北宋の政治家,文人。撫州,臨川 (江西省) の人。字は介甫。号は半山。荊公と呼ばれる。慶暦2 (1042) 年の進士。煕寧2 (69) 年参知政事となり,制置三司条例司を設置して新法 (→王安石の新法 ) を審議実施し,神宗の信頼のもとに政府首班として新法を推進して朝政治の積弊を改革した。同9年以後は江寧府 (南京) で余生をおくり,ここでした。安石はまた唐・宋八大家の一人に数えられる文章家で,詩人としてもすぐれていた。著書臨川集』『周官新義』『唐百家詩選』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おう‐あんせき〔ワウ‐〕【王安石】
[1021~1086]中国、北宋の政治家・文学者。臨川江西省)の人。(あざな)は介甫(かいほ)。神宗信任を得て宰相となり、青苗(せいびょう)法など多くの新法を実施したが、旧法党反対にあって辞職した。唐宋八家の一人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうあんせき【王安石 Wáng Ān shí】
1021‐86
中国,北宋の政治家,文学者。字は介甫,号は半山。文公と諡(おくりな)され,荆国公とも呼ぶ。江西省撫州臨川の出身だが,生涯大半を江寧(,南京)で過ごした。地方官だった父王益とともに各地を転々とする間,祖母や母親の薫陶を受けて勉強し,慶暦2年(1042)第4位で科挙に合格。19歳で父を亡くし,多くの兄弟家族をかかえた彼は中央の出世コースよりも収入の多い地方官のポストを選んだ。鄞(ぎん),舒州,常州など江南各地を歴任する間,地方政治の実情にふれ,問題を見つめ,改革を試みた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

王安石
おうあんせき
(1021―1086)

中国、北宋(ほくそう)の政治家。撫州(ぶしゅう)臨川(りんせん)(江西省)の人。字(あざな)は介甫(かいほ)、半山と号し、荊国(けいこく)公を贈られたので荊公ともよばれる。下級地方官の家に生まれ、1042年の進士科に高位で及第したが、中央のポストにはつかず、自ら望んで地方官を歴任して行政の経験を積んだ。仁宗(じんそう)(在位1022~1063)の末年に中央に帰ると、十数年の体験をまとめた長文の報告書「万言の書」を皇帝に提出して、政治改革の必要性を説いたが、当時は大臣たちに注目されなかった。その後、江寧(こうねい)(いまの南京(ナンキン))に帰って母の喪に服し、喪があけたのちもここにとどまっていたが、1067年青年皇帝の神宗が即位すると、皇帝の政治顧問である翰林(かんりん)学士に任命されて朝廷に召され、国政改革をゆだねられた。1069年に参知政事(副宰相)に上り、年来の抱負を実行に移すことになった。まず皇帝直属の審議機関である制置三司条例司を設けて、ここに少壮官僚を集めて新政策の立案にあたらせ、できあがったものから発布していった。1070年に同中書門下平章事(宰相)に上ると、条例司は必要がなくなり廃止された。

 新政策は、まとめて「王安石の新法」とよばれ、均輸法に始まり、青苗(せいびょう)法、農田水利法、市易(しえき)法、募役法、保甲(ほこう)法、保馬(ほば)法など多くのものがあり、北宋中期以来の財政赤字を解消して国力を増強することを当面の目的とした。これらの新法に対して、従来甘い汁を吸っていた大地主・官僚・豪商らは猛然と反対の声をあげたが、神宗の強力な支持を得て遂行され、効果をあげた。ただ新法は富国強兵のみを目的としたのではなくて、究極的には士大夫の気風を一新し、実務に堪能(たんのう)で政治に役だつ人材を養成することにあり、その方策として、官吏に法律を学ばせ、学校教育を重視し、三舎法を定めて、卒業者をそのまま官僚に任命する制度をつくった。1076年に引退して江寧の鍾山(しょうざん)に住み、余生を送った。

 また学者、文人としても当代一流であった。経学では、政治改革の理想とする『周礼(しゅらい)』に自ら注釈を加えた『周官新義』を著し、学校のテキストに用いて新法の指針とした。散文は欧陽脩(おうようしゅう)を師とし、警抜な発想をもって明晰(めいせき)で迫力ある文体をつくり、唐宋八大家の一人に数えられる。詩も高い評価を受けてきたが、鍾山に隠棲(いんせい)してからの、自然を詠じた作品がとくに優れているといわれる。唐詩を選集した『唐百家詩選』20巻、詩文集『臨川先生文集』100巻がある。

[竺沙雅章 2016年2月17日]

『清水茂注『中国詩人選集二集 4 王安石』(1962・岩波書店)』『佐伯富著『王安石』(1941・冨山房/中公文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おう‐あんせき ワウ‥【王安石】
中国、宋代の政治家、文学者。字(あざな)は介甫(かいほ)。号は半山。江西臨川の人。神宗のとき宰相となり、いわゆる「新法」を強行し、急激な改革を図ったが失敗して引退した。文学者としても著名で、唐宋八大家の一人に数えられる。主著は詩文集「臨川集」。(一〇二一‐八六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王安石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

王安石の関連情報

関連キーワード

治安ハーキムハーキムハムザ・イブン・アリーバレンシア王国SI接頭語碓井貞光小野皇太后寛仁

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation