@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

王将【おうしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

王将
おうしょう
戯曲。北条秀司作。新国劇により 1947年6月有楽座で初演明治の末,大阪天寺の裏長屋で貧乏暮しをしていた坂田三吉が,将棋天分を生かし関西一の棋士になるまでを,妻小春の献身や娘玉江との葛藤をからめて描いた作品。 50年1月に第2部,同年 11月に第3部が初演された。第2部は,むりやり関西名人に推された三吉悲哀,第3部は晩年の三吉の孤独と将棋への妄執を綴る。 48年には伊藤大輔監督で大映により映画化された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おう‐しょう〔ワウシヤウ〕【王将】
将棋の駒(こま)の一。大将に相当するで、上下左右と斜めの八方に1間(けん)ずつ動ける。この駒が攻められて動けなくなったとき負けとなる。ひと組の駒には王将と玉将(ぎょくしょう)があり、王将は上手(うわて)または後手(ごて)が用いる。王。
将棋の八大タイトルの一。王将戦の勝がタイトルの保持者となる。
[補説]作品名別項。→王将

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おうしょう【王将】[戯曲]
北条秀司戯曲。明治から昭和初期に活躍した将棋棋士、坂田三吉半生を描く。伊藤大輔監督によって映画化されており、昭和23年(1948)公開の阪東妻三郎主演版と、昭和37年(1962)公開の三国連太郎主演によるリメーク版がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

王将
1962年公開の日本映画。監督脚本:伊藤大輔、原作:北条秀司による同名戯曲、撮影:藤井静。出演:三國連太郎淡島千景三田佳子、岡田由紀子、平幹二朗ほか。1948年公開の同名映画のリメイク

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王将
1948年公開の日本映画。監督・脚本:伊藤大輔、原作:北条秀司による同名戯曲、撮影:石本秀雄。出演:阪東妻三郎、水戸光子、三條美紀、坂本武斎藤達雄小杉勇、滝沢修ほか。明治~昭和初期に活躍した将棋棋士、阪田三吉の半生を描く。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王将
日本のポピュラー音楽。歌は男性歌手、村田英雄。1961年発売。作詞:西条八十、作曲:船村徹。歌詞は大阪出身の将棋棋士、阪田三吉をイメージしている。三国連太郎の主演で阪田の半生を描いた同名映画(1962)の主題歌。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おうしょう【王将】
将棋の駒の名。主将にあたり、上下左右と斜めに一つずつ動ける。これが敵に攻められて動けなくなったとき、負けとなる。一方の王将を玉将ぎよくしようともいい、普通、先手または下位の者がもつ。王。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

王将
おうしょう
北条秀司(ほうじょうひでじ)の戯曲。全3部10幕。第1部(3幕)は1947年(昭和22)6月東京の有楽座、第2部(3幕)は1950年1月大阪歌舞伎座(かぶきざ)、第3部(4幕)は1951年11月京都の南座で、いずれも新国劇によって初演された。主演は辰巳柳太郎(たつみりゅうたろう)。文字も読めぬ阪田三吉が妻小春の励ましで棋士になり、関根(せきね)八段を破るが、名人位争いでは関根に敗れ、さらに小春に死別する(第1部)。阪田は後援者に推され関西名人となるが、近代将棋の波のなかでしだいに孤立していき(第2部)、落ちぶれたまま将棋一筋の生を終える(第3部)までをつづっている。庶民の英雄阪田の人間としての哀歓を描いた名作で、1948年伊藤大輔(だいすけ)監督、阪東妻三郎(ばんどうつまさぶろう)主演以来たびたび映画化もされている。[水落 潔]

映画

日本映画。1948年(昭和23)、伊藤大輔監督。原作は北条秀司の戯曲。職業棋士ではないが、将棋が滅法強い草履(ぞうり)職人の三吉(阪東妻三郎)は、七段の関根金次郎(滝沢修)との対局に敗れて以来奮起し、関根との対局に勝ち越すまでに至る。次の名人は関根か三吉かという問題が起こるが、三吉は名人位を関根に譲る。名人襲位の宴(うたげ)の席に訪れた三吉のもとに妻(水戸光子(みとみつこ) 、1919―1981)危篤の報が届く。冒頭の三吉の快進撃の描写や、関根に対して三吉が奇手を打つ際の描写のように、将棋の場面では鮮やかな処理がみられる。一方、献身的な妻、厳しい意見をいう娘(三條美紀(さんじょうみき)、1928― )によって三吉が支えられていることが描かれており、本作は家庭劇的側面が強い。時代劇俳優として定評のある阪東だが、本作では将棋に没頭して家族を路頭に迷わせるものの、不思議と憎めない男を好演している。[石塚洋史]
『『北条秀司戯曲選集1 王将』(1963・青蛙房) ▽『映画史上ベスト200シリーズ 日本映画200』(1982・キネマ旬報社) ▽佐藤忠男著『日本映画史2』増補版(2006・岩波書店) ▽猪俣勝人・田山力哉著『日本映画作家全史 上』(社会思想社・現代教養文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おう‐しょう ワウシャウ【王将】
〘名〙 将棋のこまの一つ。主将にあたり、他のこまは、これの攻防にあたる。四方、四すみに一つずつ動くことができるが、敵に攻められて動けなくなったとき、その側の負けとなる。一組のこまの中には王将と玉将(ぎょくしょう)があって、機能は同じであるが、普通、上手(うわて)または後手が王将を用いる。王。
※全浙兵制考日本風土記(1592)五「象棋、〈略〉棋子両営、各有主将、一営王将、一営玉将、各馬主其次序」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王将」の用語解説はコトバンクが提供しています。

王将の関連情報

関連キーワード

カザン(Elia Kazan)新藤兼人イーグルスカシミールジュネ2025年問題ロジンスキー日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A国家行政組織法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation