@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

王座戦【おうざせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

王座戦
おうざせん
(1) 日本経済新聞社の主催で 1953年から始められたタイトル戦。その棋戦は独占的に日経新聞紙上に掲載される。第1期王座戦は橋本宇太郎8段と前田陳爾7段の間で行われ,橋本が初タイトルを手中にした。
(2) 日本経済新聞社の主催で 1953年から始められた将棋のタイトル戦。第1期王座は大山康晴

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おうざ‐せん〔ワウザ‐〕【王座戦】
囲碁の七大タイトル戦の一。昭和28年(1953)創設。五番勝負で行われる。勝者には王座称号が与えられ、連続10期以上タイトルを獲得した棋士現役で、連続5期または通算10期獲得した棋士は現役で60歳以上に達したときまたは引退時に、名誉王座を名乗ることができる。
将棋の八大タイトル戦の一。昭和28年(1953)創設。予選を勝ち抜いた棋士とタイトル保持者が五番勝負で対戦し、その勝者が王座のタイトルを獲得する。通算で10期または連続で5期以上にわたりタイトルを保持した棋士には名誉王座を名乗る資格が与えられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

王座戦
日本経済新聞社主催による将棋の棋戦。1953年に創設された。90年から女流棋士の出場枠が設けられ、全棋士と女流棋士4名により戦われる。まず一次予選・二次予選が行われ、その勝者とシード者の計16名により「挑戦者決定トーナメント」が行われる。その勝者が、毎年9月から10月にかけて王座と五番勝負を行い、勝敗を決する。以上全ての対局で、持ち時間は各5時間(1日制)。勝者は、将棋の主要7大タイトルの一つである「王座」保持者となる。93年に羽生善治が王座となり最年少記録(22歳)を樹立。2014年までに羽生は、最長連覇(19連覇)、最年長記録(43歳)などを打ち立てている。
(2014-9-8)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王座戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

王座戦の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑川島雄三野村芳太郎森一生単層日本自由党今井正

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation