@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

王振【おうしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

王振
おうしん
Wang Zhen; Wang Chên
[生]?
[没]正統14(1449)
中国,明代の宦官。蔚州 (河北省蔚県) の人。正統帝の東宮時代から側近として仕え,正統帝が幼くして帝位につくと司礼太監として次第に専横となり,正統7 (1442) 年太后がし,内閣の三楊 (楊士奇楊溥楊栄 ) が退官してからは政権を左右していた。同 14年オイラート (瓦剌)エセン (也先)大同に侵入すると,不用意に帝の親征をすすめ,土木の変を招いて大敗し,戦死した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうしん【王振】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

王振」の用語解説はコトバンクが提供しています。

王振の関連情報

関連キーワード

正統帝宝徳ウルグベグ英宗文安張輔土木の変装束師足利義政エセン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation