@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

王権【おうけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

王権
おうけん
kingship
王という称号は,一般的には一の最高主権者を意味するものであるが,その内容は複雑で,総括的定義は困難である。イギリスの元首も,東洋の一小国の王も,部族の首長も,同じく王という名で呼ばれることがある。ローマの元首たちが権威の象徴として用いたインペラトル (皇帝の語源,最高の軍指揮官の意) の称号は,より優位の称号である「王」を避けた表現であったが,その支配権の普遍的性格において王を上回るものに変った。西ローマ帝国の末期,ゲルマンがローマに侵入すると,もともと部族の首長の権力にすぎなかったゲルマンの王権は,ローマの皇帝観念や,さらに古い時代のオリエントの神権政治にみられた宗教的要素を加味したものに変化していった。その後フランクの王カルル1世 (大帝)が戴冠した 800年の時点で,ゲルマンの王権は明らかにローマ的帝権の観念に同化したといえよう。カルル1世とその子孫の支配下に入ることのなかった地域の王たちさえも,皇帝の儀礼や装飾を用いてみずからの尊厳を主張するに急であった。中世ヨーロッパの政治理論は,教皇と皇帝を太陽と月,王たちをそれ以下の衛星に見立てたが,中世末期,封建社会の崩壊から近代市民社会の成立にいたる過渡期には,没落する封建的勢力と,上昇する市民階級の調停者としての王権は,無制限の絶大な権力を付与された (→絶対主義 ) 。市民革命による絶対王政の崩壊とともに,ヨーロッパでは王権がかつてもっていた政治的機能を大幅に失い,現在では,王の称号は,一国の主権者としての一個の独立した国際的地位を意味するものと受取られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おう‐けん〔ワウ‐〕【王権】
国王の権力。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうけん【王権】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おうけん【王権】
国王の権力。君権。 -の強大な国

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おう‐けん ワウ‥【王権】
〘名〙 国王の権力。君権。
※平家(13C前)四「王権猶(なほ)かくの如し。何ぞ况んや謀反(むほん)八逆の輩(ともがら)においてをや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

王権の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation