@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

王立展示館とカールトン庭園【おうりつてんじかんとカールトンていえん】

世界遺産詳解

おうりつてんじかんとカールトンていえん【王立展示館とカールトン庭園】
2004年に登録されたオーストラリアの世界遺産(文化遺産)で、メルボルン市の中心部にある。1880年と1888年に、メルボルンで万国博覧会、及びオーストラリア植民地生誕百周年記念国際博覧会が開催されたが、その時に建設されたもの。ビザンチン様式、ロマネスク様式、ルネサンス様式など、多彩な建築様式を取り入れた建物で、オーストラリアにおける万国博覧会の会場としての役割だけでなく、1901年から26年間、国会議事堂としても使用された。現在は一部が博物館になっている。このような、近代産業の発展に欠かせない万国博覧会における典型的な建築物であることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はRoyal Exhibition Building and Carlton Gardens

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王立展示館とカールトン庭園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

王立展示館とカールトン庭園の関連情報

関連キーワード

骨・関節感染症ICタグスマトラ島沖地震・津波バリー ボンズイメルダ スタウントンバリー ボンズ小泉純一郎内閣崔洋一ロンドン同時爆破テロ[各個指定]工芸技術部門

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation