@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

王翰【おうかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

王翰
おうかん
Wang Han
中国,盛唐詩人。并州晋陽 (山西省太原) の人。,子羽。景雲1 (710) 年 (一説にはその翌年) 進士に及第。并州長史であった張説に認められ,昌楽のとなり,張説が中央で要職につくとともに中央に召されて,駕部員外郎に進んだ。しかし性格が豪放で酒色にふけったため,人に憎まれ,張説が失脚したとき (721) 同時に汝州長史に左遷され,次いで仙州別駕,さらに道州司馬に流され,そこで死んだ。残されているはわずか 14編だが,「葡萄美酒夜光」で始る『涼州詞』は,唐代七言絶句中の傑作とされる。なお,『旧唐書』では名を王澣と書く。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おう‐かん〔ワウ‐〕【王翰】
[687ころ~726ころ]中国、盛唐の詩人。晋陽(しんよう)(山西省)の人。字(あざな)は子羽。辺塞(へんさい)の兵士感慨を詠じた「葡萄(ぶどう)の美酒、夜光の杯」で始まる「涼州詞」は有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

王翰
おうかん
(687?―735?)

中国、盛唐期の詩人。字(あざな)は子羽。并州(へいしゅう)(山西省)晋陽(しんよう)の人。711年(景雲2)の進士。宰相張説(ちょうえつ)に礼遇されて秘書正字や賀部員外郎に抜擢(ばってき)されたが、張説が宰相をやめると、汝州(じょしゅう)(河南省)長史に出され、仙州(河南省)別駕(べつが)に改められた。最後は左遷されて道州(湖南省)司馬で終わった。剛健で自負心が強く、酒宴や狩猟を好み、音楽にうつつをぬかしたり、自らを王侯に比して人をあごで使ったりしたという。代表作『涼州詞(りょうしゅうし)』は、唐代の七言絶句のなかの名品である。「葡萄(ぶどう)の美酒夜光の杯(はい)、飲まんと欲(す)れば琵琶(びわ)馬上に催(うなが)す。酔うて沙場(さじょう)に臥(ふ)すも君笑うこと莫(な)かれ、古来征戦幾人(いくたり)か回(かえ)る」。壮麗な詩風に特色がある。

[丸山 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おう‐かん ワウ‥【王翰】
中国、盛唐期の詩人。字(あざな)は子羽。山西晉陽の人。「葡萄の美酒、夜光の杯」で始まる七言絶句の傑作「涼州詞」で知られる。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王翰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

王翰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation