@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

王陽明【おうようめい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

王陽明
おうようめい
Wang Yang-ming
[生]成化8(1472).浙江,余姚
[没]嘉靖7(1529).11.29. 江西,南安
中国,明の哲学者,政治家。陽明学の始祖。字は伯安。名は守仁。諡は文成。弘治 12 (1499) 年の進士。官は南 贛巡撫,南京兵部尚書,都察院都御史として両広総督などを歴任。その間,江西の流賊の反乱,南昌の寧王朱宸濠 (しゅしんごう) の乱,広西のよう族の乱などを平定し,十家牌法や郷約を実施するなど軍事的,行政的に名声を博した。彼は初め朱子学を修めたがその性理説に疑問をいだき,思索の末,心即理の原理を悟り,そのうえに知行合一の説を掲げ,晩年,致良知の説を提唱し講学 (同志が結社をつくり研究に努めること) の風を鼓吹した。著書『朱子晩年定論』『伝習録』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おう‐ようめい〔ワウヤウメイ〕【王陽明】
[1472~1528]中国、明代の思想家。余姚(よよう)(浙江省)の人。名は守仁。字(あざな)は伯安。陽明は号。諡(おくりな)は文成。宸濠(しんごう)の乱を平定した功により、新建伯に封ぜられた。陸九淵の学をうけ継ぎ、知行合一説致良知説を主張して一派を成し、王学陽明学と呼ばれる。→陽明学

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうようめい【王陽明】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おう‐ようめい ワウヤウメイ【王陽明】
中国、明代の儒学者、政治家。名は守仁。字(あざな)は伯安。諡(おくりな)は文成。陽明は号。浙江余姚(よちょう)の人。二八歳で進士に合格。龍場の山中で心即理の立場を確立し、この原理の上に知行合一、致良知の説を唱えた。その一門を陽明学派という。主著「伝習録」三巻、「王文成公全書」三八巻。(一四七二‐一五二八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

王陽明
おうようめい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王陽明」の用語解説はコトバンクが提供しています。

王陽明の関連情報

関連キーワード

イワン3世(大帝)ボナベントゥラマヤーノ対中ODA(政府の途上国援助)ジャンボアルベルティ花鳥余情クラナッハ李夢陽

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation