@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

玻璃長石【はりちょうせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

玻璃長石
はりちょうせき
sanidine
長石のうち高温型のアルカリ長石サニディンとも呼ばれる。 (K,Na)AlSi3O8単斜晶系比重 2.56~2.62,硬度6。劈開2方向に完全。白色または無色透明双晶をなすことが多い。微斜長石を加熱すると 1050℃で玻璃長石に変る。アルミニウムの一部を鉄 (III) で置換したものは美しい黄色を呈し,宝石になる。酸性深成岩の造岩鉱物となって産する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はり‐ちょうせき〔‐チヤウセキ〕【×玻璃長石】
カリ長石の一。白色または無色透明で、ガラス光沢がある。単斜晶系火山岩斑晶(はんしょう)として産する。サニディン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はりちょうせき【玻璃長石】
カリ長石の一種の鉱物。単斜晶系に属し、無色でガラス光沢がある。カリウムに富む火山岩に見られる。サニディン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

玻璃長石
はりちょうせき
sanidine
カリ長石の一種で、一般に高温で生成される。最近ではサニディンとよばれることが多い。板状ないし柱状結晶をし、双晶が普通にみられる。アルカリに富む酸性ないし中性の火山岩の斑晶(はんしょう)として産する。また高温低圧条件で生成した変成岩中にも産する。石灰岩中のいわゆる自生長石として産する例がある。特徴的な板状結晶をすることが多いため、英名は、板状を意味するギリシア語に由来する。[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はり‐ちょうせき ‥チャウセキ【玻璃長石】
〘名〙 カリ長石の一つ。無色または灰白色でガラス光沢がある。単斜晶系。光軸角が小さい。高温な条件下で生成されたもので、流紋岩、粗面岩などの火山岩中に産する。〔鉱物字彙(1890)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玻璃長石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

玻璃長石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation