@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

珠城山古墳【たまきやまこふん】

国指定史跡ガイド

たまきやまこふん【珠城山古墳】

奈良県桜井市穴師にある3基の前方後円墳。奈良盆地の東縁に美しい姿を見せる三輪山の北、巻向(まきむく)山の別峰穴師山の支脈が西に延びて平坦地に接する丘陵端に所在する。1978年(昭和53)に国の史跡に指定された。第1号墳は東面する前方後円墳で、後円部南側に開口する横穴式石室を主体とし、墳丘は全長53m、後円部径20m、前方部長32m、前方部幅20m。横穴式石室は片袖式で、玄室の長さ3.4m、幅は奥壁で1.65m、高さは約2m。玄室の中央には主軸に合わせて凝灰岩製の組み合わせ式石棺が据えられ、棺内には遺骨の一部が残り、玻璃(はり)製小玉、琥珀(こはく)製棗(なつめ)玉が、棺外には奥壁ぞいに須恵器(すえき)・土師器(はじき)、棺の東側には馬具・太刀が配置され、棺の西側では甲冑のほか見事な馬具が検出された。第2号古墳は西向きの前方後円墳で全長75m、前方部幅40m、後円部径40m、後円部は前方部より2mほど高く、古墳群中最大の規模を誇る。第2号古墳の西にあった第3号の前方後円墳は、1958年(昭和33)の採土工事により消失した。おそらく第2・第3・第1号古墳の順に築かれていった古墳群で、前・中期古墳群の一系列と考えられている。JR桜井線巻向駅から徒歩約20分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

珠城山古墳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

珠城山古墳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation