@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

珠洲岬【すずみさき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

珠洲岬
すずみさき
石川県能登半島北東端部の海岸。禄剛 (ろっこう) 金剛崎,遭崎をいい,新第三紀中新世の丘陵地が日本海の荒波にさらされて波食台が発達北部禄剛崎,能登双見,金剛崎などは特に景勝地として知られ,奥能登観光の中心となっている。禄剛崎で内浦外浦が分けられる。能登半島国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すずみさき【珠洲岬】
石川県珠洲市,能登半島北東端の禄剛(ろつこう)崎,金剛崎,遭(おう)崎の総称。能登半島の内浦(富山湾側)と外浦(日本海側)の分岐点で日本海航路の要衝に当たるため,奈良時代には禄剛崎に烽火(のろし)台が置かれ,1883年には洋式灯台が設置された。いま岬付近に狼煙(のろし)町という小漁業集落がある。北部の海食崖および千畳敷と呼ばれる波食台,金剛崎の能登二見(ふたみ)の奇岩など海岸風景に富み,能登半島国定公園に指定されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

珠洲岬
すずみさき

石川県能登半島(のとはんとう)先端部の総称で、禄剛(ろっこう)崎から金剛(こんごう)崎、遭(あい)崎を含めた約5キロメートルの海岸をいう。新第三紀中新世の地層で、海岸段丘、波食崖(がい)が発達し、禄剛崎、金剛崎には火山岩や頁(けつ)岩がみられる。海上交通の要地で、山伏(やまぶし)山では古代に狼煙(のろし)をあげたという。禄剛崎には灯台があり、観光客の来訪が多い。金剛崎にはランプの宿として知られる葭ヶ浦(よしがうら)温泉がある。能登半島国立公園域。

[矢ヶ崎孝雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

珠洲岬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

珠洲岬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation